欧州全土を震撼させた謎の闇組織「ブラック・デス」の実態

2017年08月08日 07時00分

 謎の闇組織に拉致された20歳のモデル女性が4000万円で性奴隷として売りに出された! イタリアで英国人女性が誘拐され、闇サイト上で性奴隷として売りに出されるという事件が発生。欧州全土を震撼させている。

 8月5日付のイタリア紙「コリエレ・デラ・セラ」によると、写真撮影を口実にミラノに呼び出されたモデルの英国人女性が、偽のスタジオで薬物を注射された後、手錠をかけられた。その後、大きめのスポーツバッグに押し込まれると、車で約200キロ離れたトリノへと運ばれた。そこで6日間を過ごし、再びミラノへと連れ戻されたところを警察に保護されたという。

 この時女性と一緒にいたのは、ロンドン在住のポーランド人の男、ウカシュ・パヴェウ・ヘルバ容疑者(30)。ミラノ市警はヘルバ容疑者を誘拐と監禁の容疑で逮捕したが、さらに捜査を進めると、事件の背後に巨大な秘密組織が存在することが判明した。

 ミラノ市警はロンドン市警の協力も得て、両市にあるヘルバ容疑者の関係先を家宅捜索。すると、地下組織「ブラック・デス」との関わりを示す物証が発見されたのだった。

 ブラック・デスは1990年代半ばから、いわゆる「闇サイト」を運営。人身売買や薬物、武器の調達から暗殺、各種破壊行為などを請け負ってきたとされる。

 ヘルバ容疑者の関係先からは、このブラック・デスの連絡先を記した文書や、同組織のもとで被害女性を約4000万円で売却しようとしていた痕跡も確認された。

 さらにミラノ市警は、ブラック・デスから被害者女性へ宛てたとみられる文書も押収されたと発表している。そこには「お前は若い母親であるから解放してやる」「母親を誘拐することはおきてに反する」などと書かれており、ブラック・デスが被害女性を自主的に解放するつもりだったことがうかがえる。女性には2人の子供がおり、1週間の監禁中にそのことが分かったようだ。

 一方では、「お前とお前の家族は、悪い言葉を使ったり、敬意を欠いて我々について話してはならない」「お前は身代金として5万ドルを1か月以内にビットコインで払うことに同意した」と彼女への複数の要求もある。そしてこれらの要求に従わない場合、「お前は消されることになる」と文章を結んでいる。

 こうした脅迫もあって、彼女は保護された後も「恐怖におののいている」(ミラノ市警)といい、事件の真相やブラック・デスの実態の解明には難航が予想される。