女児レイプなど悪行三昧で逮捕・タイ怪僧の俗物すぎる豪遊生活

2017年07月21日 17時00分

連行されるウィラポン容疑者(ロイター)

 女児レイプ、詐欺、マネーロンダリングと悪の限りを尽くし、タイ仏教界に激震を走らせた怪僧が捕まった。

 米国からタイに移送され、20日に逮捕されたのは、ウィラポン・スクポン容疑者(37)。移送時にはオレンジ色の袈裟姿で、頭を下げるなど、僧侶らしいたたずまいを見せたが、タイで働いた悪行はとんでもなかった。

 現地メディアによれば、同容疑者はもともと貧しい田舎出身だったが、空中飛行や水渡り、神の声を代弁するなどの“超常能力”を披露し、国民の大多数を敬虔な仏教徒が占めるタイで、知らない者がいない有名な高僧となった。

 すると同容疑者は集まったお布施で豪遊生活を始めた。4年前に「ルイ・ヴィトン」のバッグを持ち、自家用ジェットに乗り込む姿が動画投稿サイトに投稿されたのをきっかけに、ド派手な実態があぶりだされた。

 移動は自家用ジェット、ヘリのほかに2000万円以上するロールスロイス・ファントムを乗り回し、自宅車庫にはベンツ22台を含めた高級外国車が100台近く。資産は約35億円に上ったという。

 また悪行にも手を染めた。タイ捜査当局は15歳の女児レイプ、詐欺、児童誘拐、マネーロンダリングなどで告発。ほかにも車で人をはね、殺害した疑いまであるという。

 女性とのベッド上の写真が流出し、テレビ番組に出演し、潔白を訴えた同容疑者だが、タイ仏教界から僧侶資格を剥奪された。同容疑者は海外に高飛びし、米国に潜伏していたが昨年に身柄を拘束され、本国移送、逮捕となった。現時点の容疑では最高20年の懲役だが、余罪によっては厳罰に処される可能性があるという。

「近年、タイではジャンキーや買春に走る僧侶のスキャンダルが後を絶たず、問題になっている。僧侶の犯罪歴が分かるように電子カードによる登録制が議論されている」(現地関係者)

 今回の事件も氷山の一角なのか。