即効性睡眠導入剤で事故誘発?“死の准看護師”ねたみの中身

2017年07月14日 17時00分

 千葉県印西市の老人ホームの睡眠導入剤混入事件で、殺人未遂の疑いで逮捕された准看護師波田野愛子容疑者(71)が、職場に同僚女性(69)を車で迎えに来た夫(71)が直後に運転すると知りながら、即効性のある導入剤を混ぜたお茶を飲ませた疑いがあることが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、使われた導入剤は体質や量にもよるが、早ければ数十分で効くという。県警は、夫婦が千葉市内の自宅に着くまでに、意識障害などで運転に影響が出る可能性を認識した上で混入したとみて、裏付けを進める。

 県警は、夫婦が飲んだお茶に睡眠導入剤を混ぜ、同県佐倉市で5月15日夕、夫の乗用車と建築業男性(56)の車が正面衝突する交通事故を起こさせ、3人を殺害しようとした疑いで波田野容疑者を11日に再逮捕していた。波田野容疑者は混入を認めている。

 この老人ホームでは4月以降、施設内ではめまいや眠気、足元のふらつきを訴える職員が5人に上ることも判明。波田野容疑者は6月中旬、30代の女性職員に睡眠導入剤入りのお茶を飲ませて急性薬物中毒にさせた傷害容疑で立件された。「施設内で嫌がらせを受けていた」「一部の同僚をねたんでいた」などと供述している。

 一体、波田野容疑者は何をねたんでいたのか。

「波田野さんも旦那さんの送り迎えで出勤していた。夫婦仲はよさそうに見えたから、他人の夫婦仲をうらやんだということはないのでは。被害に遭った同僚は特に波田野さんと仲がよく『何で狙われたのか全く分からない』と話している」(関係者)

 波田野容疑者は准看護師歴52年の大ベテラン。元警視庁刑事で犯罪ジャーナリストの北芝健氏は「施設内で医療的に優位な立場にいながら、伝達事項が別の職員らに先に回るとかその程度のことで“上司のおぼえめでたい”などと勝手に嫉妬心を募らせたのだろう。最初は注意散漫になって同僚がミスをすれば自分のポイント稼ぎになるとか、ミスを連発しているのを見て快楽を得ていたのだろうが罪に慣れて、人が死んでもやめられなかったのだろう」と指摘する。