性交中の男女が警官に撃たれ重傷 豪州ナイトクラブが“過剰反応”批判

2017年07月13日 17時00分

 オーストラリア・メルボルンのナイトクラブで8日未明、仮装パーティー中に性交渉をしていた男女が警官に撃たれ重傷を負う事件が発生した。

 地元紙など複数のメディアが報じたところによると、重傷を負ったのは、米アニメ・映画「バットマン」に登場するジョーカーに扮した男性(35)と、ハーレイ・クインの衣装をまとった女性の2人。ナイトクラブ「インフレーション」で不定期に開催され、同国で“最もいかがわしい仮装パーティー”として有名な「Saints&Sinners Ball」に参加していた。

 事件発生前、男性が別の女性と口論となり、この女性がナイトクラブを立ち去った後、警察に通報したものとみられる。通報を受け、武装した約40人の警察官が駆け付けた。すると、男性が女性と性交渉を楽しんでいる真っただ中。警察は発砲し、男性の胴体に当たった。男性と脚に被弾した女性は病院に運ばれたが、ともに重傷。

 警察は発砲した理由を「男性が警察官に対し、銃のようなものを向けた」としているが、目撃者によると「男性は武装していなかった」。現地警察幹部は「男性が銃を取り出し、警官の方に向けた。通常、銃を向けられたら銃を下ろすように命じるが、自己防衛のためにも瞬時に決断しなければならなかった」と正当性を主張した。だが、クラブのオーナーは「客全員が衣装やアクセサリーのセキュリティーチェックを受けてから入店しており、スタッフからも男性が武装していなかったと報告を受けていている」と反論。

 SNSなどを通じて「駆け付けた警察官に対して『店側で状況に対応できる』と伝えたにもかかわらず、警察は無視してやって来て、男性に向けて3発撃った。スタッフは男性が何も持っていなかったこと、むしろ女性と恥ずべき性的行為をしていたと証言している。当店のイベントではごくありふれた行動を(男女は)していただけ。純粋にパーティーを楽しんでいた罪のない2人が銃で撃たれ重傷を負った。匿名の通報を受けた警察が過剰反応したことによるもの」と非難している。