ワラ人形事件増加の怪 ネットで買える“丑の刻参りセット”

2017年01月27日 12時00分

呪いのわら人形グッズ(写真はイメージ)

 今月23日、群馬県内のゲームセンター駐車場に、女性経営者の名前や似顔絵を血文字のように赤い塗料で書いたワラ人形に二寸くぎを刺して置き、身の危険を感じさせた脅迫の疑いで同県藤岡市の無職須藤正広容疑者(51)が逮捕された。以前から女性の車のタイヤをパンクさせるなどの嫌がらせを繰り返していた同容疑者は容疑を認めている。

 

 ワラ人形をめぐる事件は意外にも多い。2015年には島根県で、自分をストーカー扱いした女性の顔写真を貼ったワラ人形を、公園の樹木に打ちつけた50代の男が器物損壊容疑で取り調べられたが、樹木を傷つける目的はなかったとしてこの時は立件を見送られた。

 

 被害者のあずかり知らないところで“丑の刻参り”をしても脅迫罪には問われなかったケースだが、今回は被害者を不安に陥れたことから脅迫容疑が適用されたようだ。

 

 同年、石川県でも県内の小中学校でくぎの刺さったワラ人形がプールに浮かんだ状態で見つかる怪事件も発生していた。

 また、今月6日には名古屋市でフラれた女性(21)の自宅敷地内に、女性の顔写真を貼って針を刺したワラ人形を置いた私立高校非常勤講師の男(37)がストーカー規制法違反の疑いで逮捕されている。

 

 事情通は「ここ数年で昭和初期のようなワラ人形絡みのニュースが復活しているのは、ネット通販などでワラ人形と五寸くぎ、軍手などの“丑の刻参りセット”が1000~2000円くらいで手に入り、誰でも手軽に呪える時代だからです。コミュニケーション能力が乏しく、近隣の小学校がうるさい、ゲーセンを出禁にされたなどといった程度の恨みを晴らすためにワラ人形を使う」と指摘。そんなお気楽に“ワラ人形”にすがらないでもらいたいものだが…。