飛び降りた近鉄車掌の逆ギレ心理

2016年09月22日 17時00分

 大阪府東大阪市の近鉄奈良線東花園駅で21日、列車の遅延について乗客に対応中だった男性車掌(26)が制帽と制服を脱ぎ捨て、高架の駅から約7・5メートル下の地面に飛び降り、救急搬送される事件が発生した。

 近鉄奈良線では午前10時半ごろ、河内小阪駅で死亡事故が発生した影響で上下線に遅れが生じていた。飛び降りた車掌は特急列車の車掌で、東花園駅で停車し、乗客に降車を促し、ホームで乗客から遅延についての説明を詰め寄られ、逆上したとみられる。腰椎と胸骨を骨折する大けがを負ったが、命に別条はない。

 ツイッターでは、現場に居合わせたという人たちから「電車止まってるのに、なぜか東花園の駅員が逆ギレして線路に飛び降りて消えました」「こんな仕事やってられるか! と帽子やらなんやらを線路に投げ捨てる!」などの目撃情報が写真とともに発信された。

 近鉄は「お客様対応中の職員として不適切な行動」と謝罪したが、様々なクレームを受ける鉄道員は普段から苦労が絶えないのも事実だ。

 ある駅員いわく「一番トラブルが多いのは遅延時。復旧のメドが立たないと、切符の払い戻しや説明を求める行列ができる。延々と文句を言う人も出てくるから、ストレスが頂点に達する」。

 乗客とのトラブルは平常時でも起こり得る。

「ホームに真顔でいれば『愛想が悪い』、笑顔でいれば『何笑っとんねん』と言い掛かりをつけられることも。運が悪ければ、泥酔客から突然殴られたり、つかみかかられたりすることもある。乗客とのトラブルは絶対NGなので、なかなか言い返すこともできない」(同)

 ストレスがつきものの職業ではあるが、逆ギレはやはりまずかった。