リンチ殺人の東松山だけじゃない 東京でも少年ギャングが凶悪化

2016年08月31日 07時30分

 ヤバいのは東松山だけじゃない――。埼玉県東松山市の河川敷で、井上翼さん(16)が殺害された事件で、埼玉県警に殺人容疑で逮捕された市内の無職少年(16)ら計5人の少年が取り調べを受けている。少年らの一部は地元のカラーギャング集団「パズル」のメンバーとみられ、地元では暴行や恐喝、バイク窃盗など非行の限りを尽くしていたという。不良少年の凶悪化は決して埼玉だけに限ったことではない。東京都内の少年ギャングたちも、手のつけられない状況になっていた!

 集団リンチの末に殺害された井上さん。逮捕された5人のうち、主犯格の16歳の無職少年Aと17歳の無職少年Bは地元東松山市を拠点とするカラーギャング集団「パズル」のメンバーで、残る3人もその周辺者だった。

 チームの統一カラーは「赤」。メンバーは15~18歳で、結成時期は不明だが、当初の十数人から最近では30人以上にまで勢力を拡大していたという。リーダー格のAは、格闘技経験者でケンカ自慢。Bはサディスティックな性格で、キレやすく暴力的だったとも言われている。

 パズルは東武東上線東松山駅や高坂駅前でよくたむろしており、近隣住民によると「顔は幼いが、筋肉質でガラが悪い。大人も目をそらすほどだった」。集会は毎週土曜の午後9時ごろで、街を徘徊しては「イキがっているやつに因縁をつけ、有無を言わさずボコボコにしていた」(関係者)というから、恐ろしい。喫煙、飲酒は当たり前。カツ上げ、万引き、バイク窃盗を繰り返していたという。

「警察官に対しても因縁をふっかけていた。怖い者知らず。盗んだバイクはガソリンが尽きたら、その場に捨てる。やりたい放題だった」(同)

 今回の事件は埼玉のカラーギャングが起こしたが、東京にも同様のグループがあるという。「面子(メンツ)」と呼ばれるグループだ。

 昨年10月、東京都足立区に住む16~17歳の少年によって結成された「綾瀬面子」のメンバー10人が、隣の葛飾区の少年グループのメンバーを呼び出し一方的に暴行し、逮捕された。この暴行で葛飾側の少年は脳挫傷や網膜剥離などの重傷を負った。綾瀬面子のリーダー格のアルバイト少年(17)は「チーム力を高めたかった」と供述しているが、一歩間違えれば死人が出てもおかしくはない。

 先月中旬には、バイクを繰り返し盗んだとして「葛西メンツ」を名乗るグループの少年18人が逮捕された。全員が容疑を認め「バイクに乗るのが楽しかった。遊び感覚で盗っていた」と話しているという。

 アングラ雑誌のライター男性は「ひと昔前の不良はケンカになっても、一線を超えないよう加減していたが、最近の不良少年は加減がわからず、相手に後遺症が残るほどのケガを負わすことがある。動機も短絡的で幼稚。ささいなことでキレる若者が増えている」と語る。日本はこれからどうなってしまうのか…。