上祐氏暴露“空中浮揚はヤラセ”

2012年10月15日 11時00分

 異色の組み合わせによるトークライブが実現。プロレスラーのザ・グレート・サスケ(43)と元オウム真理教幹部で現在は「ひかりの輪」代表の上祐史浩氏(49)が先日、都内で対談した。

 サスケが行っているトークライブのゲストとして上祐氏が登場。もともと去年の段階で開催する予定だったが、サスケが岩手県議会選挙に出馬したため、急きょ取りやめになった経緯があるだけに、サスケがまず平謝りしてスタートした。

 オウム真理教の内幕について、サスケが上祐氏に聞いていくというスタイルで進行。当時話題となった麻原彰晃(本名松本智津夫)死刑囚(57)の空中浮揚写真について、上祐氏が「あれは(飛んでるのではなく)跳ねてるんですよ」とあっさり言い放った上で、某週刊誌のヤラセと暴露。これにはサスケも「爆弾発言ですよ!」と大興奮だった。

 終始マジメに、冗舌に過去のこと、現在のことを語った上祐氏だが、一瞬だけ意外な顔も見せた。司会のアクア新渡戸(26)が「三途の川」を「センズの川」と言い間違えたことをキッカケに、サスケが「センズリ」と下ネタを投下。すると上祐氏は客席から一瞬顔をそらし、笑いをこらえている姿がなんとも印象的だった。

 上祐氏は11月20日に「17年目の告白 誰も知らないオウム真理教事件」(朝日新聞出版)を発売する。印税収入は出版社から直接オウム事件被害者団体に振り込むことになっているが、それを聞いたサスケは「今日の私のギャラをすべて被害者の会に」と寄付を申し出た。