日韓国交正常化は安倍晋三一族の歴史

2015年06月24日 06時00分

 安倍晋三首相(60)は22日夕、日韓国交正常化50年を同日に迎えたのを受け、東京都内のホテルでの韓国側記念行事に出席した。祝辞のあいさつで「手を携えて新しい時代を築き上げていこう。朴槿恵(パク・クネ)大統領と力を合わせ、ともに努力していきたい」と呼び掛けた。朴氏(63)もソウル市内での日本側記念行事で「共存共栄の未来を目指し、ともに歩んでいくことのできる転機とすべきだ」と強調。従軍慰安婦問題など懸案が山積する中で「未来志向」の関係構築を目指す考えを表明した。

 東京での行事は在日韓国大使館が、ソウルでは在韓日本大使館がそれぞれ主催。東京では首相に加え、岸田文雄外相と来日中の韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相がそろって出席した。

 この50年について、日韓の歴史に詳しい文筆人の但馬オサム氏はこう語る。「日韓国交交渉は安倍さんのおじいさんである岸信介首相の英断でした。当時、李承晩が日本海に引いたいわゆる李ラインで、日本の漁民が拿捕される事件が多発、韓国側の突然の銃撃で命を失う漁師さんもいて、社会問題になっていました。現在の日本は、嫌韓ブームと言われますが、当時は今と比較にならないほどの嫌韓ムードが日本の世論を覆っていたのです」

 李ラインで拿捕された多くが九州、四国の漁民で、岸首相のおひざ元、山口県の漁師も多数被害に遭った。

 但馬氏は「岸さんを動かしたのは、むろん、日韓を防共のとりでにしたいというアメリカの強い要請でしたが、それら漁民の声でもあったのは確かです。結局、岸内閣でも次の池田内閣でも交渉は進まず、解決をみたのは安倍さんの大叔父である佐藤栄作氏の内閣の時代です。その意味で、国交樹立50周年は安倍さんにとっても感慨深いものがあったのではないでしょうか」と指摘する。しかし国交を急ぐあまり、竹島問題は曖昧な形で放置された。「交渉の際、韓国は拿捕した漁民を半ば人質に使って優位に進めようとしたのも確かです。50周年は、いまだ解決されない領土問題を見直してみるいい機会でもあると思うのです」と但馬氏は語る。