元少年Aの手記をネットにアップ 新たな逮捕者も?

2015年06月23日 06時00分

 神戸市の連続児童殺傷事件で元少年Aといわれる加害男性(32)による手記「絶歌」(太田出版)の出版が批判にさらされている中、何者かがネット上に手記全文をアップロードし、波紋を呼んでいる。終わったハズの連続殺傷事件から18年にして新たな逮捕者が出てしまうのか。

 21日にネット上にアップされたのは「絶歌」をスキャンしたとみられるファイルだ。表紙から裏表紙まで全300ページに及び、ダウンロードできるリンクアドレスが「2ちゃんねる」などに張られた。投稿者は「個人的に楽しんでいただいても、拡散していただいても構いません」と説明し、掲示板やツイッターなどで一気に拡散された。

「絶歌」を巡っては、被害者の一人である土師淳君(11=当時)の父親が「遺族に2次被害を与える」「出版を中止し、本を回収してほしい」と出版元に抗議したほか、販売自粛する書店や取り扱わない図書館が相次いでいる。

 また元Aが出版で約2000万円の印税を得るであろうことにも反発があり、米で制定された「サムの息子法」と呼ばれる犯罪加害者が事件に関して得た利益は、被害者側に充てる法を日本でも導入すべきとの声も多い。

 反響が大きいことで、初版10万部は売り切れ店が続出。ネット通販大手のアマゾンでは、ベストセラー1位になるや中古本は既に定価を上回るプレミアム化している。5万部が増刷され、“話題本”となってしまっていることも事実だ。

 今回のアップロードは、義憤に駆られての行動か単なる悪ふざけなのかその意図は不明だが、ネット上にアップロードし、不特定多数が閲覧できる状態にしたことは著作権法に触れる行為だ。権利者に無断での行為でも非親告罪で、元Aや出版元が訴え出なくても警察には独自に逮捕できる権限がある。

 いずれにせよ違法アップロードで、元Aや出版元への印税収入こそ微減するかもしれないが、騒動の拡大は必至だ。