上祐史浩氏「分裂状態のアレフは自滅する」

2015年03月22日 09時00分

上祐史浩氏

【独占インタビュー後編】世界に衝撃を与えたオウム真理教による地下鉄サリン事件から、20日で丸20年となった。事件当時、オウム真理教の信者は1万人以上いた。現在は主流派「アレフ」と、上祐史浩代表(52)の「ひかりの輪」に分裂した。警察庁によると、昨年末時点でアレフに約1450人、ひかりの輪に約200人の信者がいる。元教団スポークスマン・上祐氏の独占インタビュー後編では“アレフ自滅”まで飛び出した。

 ――なぜアレフの信者が増えているのか

 上祐氏:麻原がいなくても、団体が観察処分にあっても、信者は増えます。それは精神的な充足感の欠乏などの土壌が社会にあるのです。受け皿をアレフが作っているにすぎないのです。また、アレフは「オウム事件は陰謀だ」「麻原こそおとしめられた最高の善人」という洗脳をやっています。陰謀論にもたくさんのメディア商品があって、何十時間もその映像を見せてから、最後にオウム事件も陰謀だと見せると、オウム事件は陰謀だったと信じる人が結構いるようです。私自身も脱会カウンセリングを100人くらいやりました。

 ――貧富の差、ワーキングプアなど、物による幸福の夢はついえたと思う人は増えている。今後もアレフに入信する人は増えるのか

 上祐氏:アレフが勧誘して信者を増やしている面と、アレフの信者が増える土壌を社会が作っている面と、2つを考えないと減らないのではないでしょうか。とはいえ、ああいう組織は、ある段階まで行くと自滅するものです。アレフは今、分裂状態にあります。家族の中による分裂。つまり麻原なき後は、幹部が絶対的な存在でしょうね。そこで真っ二つに割れています。お家騒動です。麻原の長男と次男の間で分裂して、三女と妻の間で分裂。さらに教祖後継者が信者を訴えるという裁判になっている。まあ、そういうものだと思います。このまま自滅するでしょう。

 ――オウムは無差別テロを起こしたが、現在の過激派組織「イスラム国」の無差別テロについてはどう考えているか

 上祐氏:サダム・フセインは化学兵器を破棄していましたが、イスラム国は化学兵器を持っているともいわれています。他国からイスラム国に行く若者たちは“自己愛病”の危険があると思います。そこで、米国の対テロの専門家は、軍事技術者に加え、心理学者たちが、私をインタビューに訪れました。オウムが試みたような大量破壊兵器のテロをイスラム過激派が行うことを阻止するためです。その場合は、人質は人ではなく、都市かもしれないのです。

 ――自己愛病とは?

 上祐氏:心理学の研究を見ると、麻原は自己愛が強く、社会に適応不全を起こし、誇大妄想・被害妄想に陥る「誇大自己症候群」とされ、罪を犯した多くの青少年にも当てはまるという精神科医もいます。ただし、程度の違いがあっても、罪を犯していない青少年・大人にも見られるそうで、現代社会を「自己愛型社会」と定義する心理学者もいます。肥大した自己愛は社会への適応不全を招き、攻撃型の適応不全がオウムやイスラム国の若者であり、引きこもり型の適応不全もあるそうです。映画「アナと雪の女王」に心酔するのも自己愛病かもしれません。犯罪型・引きこもり型の双方の青少年に本質的に共通した精神構造があるとの指摘も多くなっていると思います。

 ――自己愛病の対策は

 上祐氏:私は加害者側の団体にいながら、サリン事件に関与せずに済み、長い時間がかかりましたが、麻原・オウムの信仰を脱却しました。その経験をもとに、自己愛型の社会の若者が、カルト的な宗教に依存せずに済む、人生哲学等を探求して普及したいと思い「ひかりの輪」をやっています。一度感染した者が得る抗体を生かした“ワクチン”作りです。

☆じょうゆう・ふみひろ=1962年12月17日生まれ。福岡県出身。早大学院高校から早大理工学部、同大学院を経て87年に宇宙開発事業団(現宇宙航空研究開発機構)入団。1か月後に退職しオウム真理教に出家。94年に教団のロシア支部代表となり、95年の地下鉄サリン事件後に帰国して広報担当を務めた。同年10月に偽証容疑などで逮捕され、同罪などに問われた裁判で懲役3年の実刑判決を言い渡される。99年末に出所し、オウムに復帰。2000年に団体名をアレフに改称し、02年に代表に就く。07年に脱退しひかりの輪を立ち上げ、代表に就任した。