【淡路島5人殺害】40歳の無職男「理不尽無罪」も

2015年03月11日 08時00分

 兵庫県洲本市で男女5人が殺害された事件で、9日に殺人未遂容疑で逮捕された無職の平野達彦容疑者(40)が過去にもトラブルを起こしていたことが分かった。今回の事件では淡路島の静かな山あいの集落が突如、凄惨な連続殺人の舞台に。5人も殺害した疑いがある同容疑者だが、精神疾患での通院歴があったことから、責任能力がないと判断されれば無罪、もしくは重い刑罰は免れる可能性がある。専門家は「今後、精神病患者や障害者の犯罪に対する裁きの再考が必要だ」と緊急提言した。

 捜査関係者によると、平野容疑者は以前、近所でパトカーが出動するトラブルを起こしていたという。自宅付近では「インターネットで近くの人を中傷していた」と話す住民もおり、今回の事件との関連が注目される。

 事件の知らせがあったのは9日午前7時過ぎのこと。民家から女性の声で「お父さんとお母さんが刺された!!」と通報があり、兵庫県警の警官が現場へ。血のついた服を着て付近にいた平野容疑者に声をかけると「私がやりました」と話したため、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 現場の民家で殺されたのは平野浩之さん(62)と妻方子さん(59)、浩之さんの母静子さん(84)。女性2人は屋内で、男性は家のそばで倒れていた。近所の平野毅さん(82)と妻恒子さん(79)の夫婦の遺体も見つかった。

 県警は、5人を殺した殺人容疑に切り替えて調べを進めているが、平野容疑者は「今は話しません。弁護士が来てから話をする」と供述している。

 平野容疑者は現場近くで父親と2人暮らしだったが、離れで生活していた。近所の男性は「おとなしい性格で、父親は地域で一番信頼できる人だ」と逮捕に驚く。近隣住民らによると「最近は姿を見たことがない」。

 ネット上では、容疑者と同姓同名のアカウントがフェイスブックとツイッターに存在する。被害者らの写真や自宅住所を示した画像を掲載したうえに「各地で、電磁波犯罪と集団犯罪を行っている」などの根拠のない非難や、「キンコンゴリラーマン」「人類の敵」などと呼んでいた。近所では「人の誹謗中傷をしていると噂になっていた」という。一方的に、周囲に敵がい心を抱いていたようだ。

「容疑者は、集団ストーカー被害の妄想を生み出してしまった」と語るのは犯罪研究家の北芝健氏だ。

「被害者意識が非常に強い状態では、通りすがりの人が自分の方を見ただけで『攻撃されている』と感じる。笑みを浮かべている人も『自分をあざけっている』と思う」

 容疑者は数年前まで心の病で通院していた経歴を持つという。

「『攻撃された』と思ったことをきっかけとして、周囲の人が自分を『バカにした』『笑った』との妄想が生まれる。次第にその妄想が頭の中では、実際にあったことになってしまう」(北芝氏)

 攻撃を受けているという妄想が“現実”になるのだ。すると次は――。

「身を守るために、『やられるより先に、やらないと』と思って殺すのです」(同)

 5人を殺したとして平野容疑者が起訴されても、無罪になる可能性が高いと北芝氏は指摘する。

「検察側と弁護側は双方で精神鑑定の結果を出し合って戦うことになる。結果、検察側が負けるケースが多い。世論は『こんなひどいことをしたヤツは死刑にしろ』と言う。その声に法律は応えない。同様の事件で家族を殺され、無念の涙を流した遺族がたくさんいる」

 平野容疑者の異常性はインターネットでの言動を把握していれば、認識できたかもしれない。

「一見、正常な人間がネット上で異常性を見せることは珍しくもない。犯罪を犯した患者や、退院した患者のネット履歴を監視したり、GPSをつけるのは、決して差別ではなく、社会を守るためのものだと思う。適切な方向でルール作りが論じられていくことが願われる」

 また、北芝氏は日本の裁判官の資質にも疑問の目を向け、「海外の法曹界から日本の裁判官は『根性なし』と見られている。無罪にしても『監視をつけることが必要』などの条件をつけない。裁判官が報復を恐れているからだ」と指摘した。