後藤健二さんが通った「日本基督教団」牧師が心境吐露

2015年02月01日 18時19分

 イスラム過激派「イスラム国」を名乗る組織によって殺害されたとみられる後藤健二さん(47)が通っていた、東京・大田区にある「日本基督教団 田園調布教会」の高橋和人牧師(60)が1日、報道陣に心境を語った。

 朝7時過ぎにテレビで状況を知ったという高橋牧師は「いろんな思いがこみ上げてきて、ひと言では言えない。悲しい思いと憤りでやりきれません。できれば、事実であってほしくない」と心境を吐露。事件については「誠に特殊でイスラム教とは考えられない団体だと思っています」と話した。

 この日、高橋牧師は約200人の教会員とともに、後藤さんへの祈りのミサをささげた。周囲に「戦地で死んだとき、一人は寂しい。でも、キリスト教はイエスに救われるという解釈がいい」と話していたという後藤さん。昨年8月に同教会を最後に訪れるまで、不定期ながらも教会に足を運んで親しい牧師らに様々な相談をしていたという。