イスラム国とヨルダン 極限交渉の内幕

2015年01月30日 20時00分

 イスラム過激派「イスラム国」による後藤健二さん(47)の殺害予告事件は、犯人側が設定した日本時間29日午後11時半の期限を過ぎても進展がみられない。犯人側は期限までにヨルダン拘束のサジダ・リシャウィ死刑囚をトルコ国境まで連れてくるよう求めたが、ヨルダン政府はイスラム国が拘束する同国軍パイロットのムアーズ・カサスベ中尉の安否が確認できないとして、同死刑囚の国境移送を拒否。交渉の舞台裏を専門家に聞いた。

 イスラム国側は日本時間29日朝に明らかになった声明で、後藤さんとみられる肉声を通じて「私の命と引き換えになるリシャウィを29日の日没までにトルコ国境に連れて来なかった場合、ムアーズをただちに殺害する」と予告した。

 ヨルダンのメディア担当相は「カサスベ中尉の生存確認ができないため、死刑囚の身柄はヨルダン国内にある」とも語った。交渉がまとまらないのは、えたいの知れないイスラム国が相手だからにほかならない。

 著書「イスラム国の正体」で知られるジャーナリストの黒井文太郎氏(51)がイスラム国とヨルダン政府の“極限交渉”の内幕を語った。

「まず初めに知らなければならないことは、イスラム国が狙っているのはヨルダン政府の切り崩し。申し訳ない言い方だが、後藤さんの存在はヨルダンとの交渉に揺さぶりをかけるカードでしかないのです」

 一部では今回の事件を機に「日本人が狙われる」と危惧する声もあるが、黒井氏は「それはない。彼らは外国人だったら、片っ端から拘束する。今回の事件も日本では衝撃ニュースだが、彼らにとっては日常茶飯事だ」と否定的。ただし「後藤さんを使い、ヨルダンを揺さぶったように、今度は日本人の人質を取って、次は日本と親密な米国を脅す可能性はある」とみている。

 イスラム国が求めているのはリシャウィ死刑囚と後藤さんの交換、対するヨルダンは同死刑囚を釈放する場合の条件をカサスベ中尉の解放を第一としている。両者の要求は一致しない。「どちらが折れるかだ。経験上、イスラム国が折れることはないので、ヨルダンは厳しい選択を迫られている。中尉と死刑囚の交換なら受けるだろうが、自国と無関係な後藤さんとの取引となるとわからない」

 交渉難航の原因は、ヨルダンのメディア担当相が主張するように、カサスベ中尉の生死が不明な点だ。

 黒井氏は「厳しいようだが、ヨルダンにとっても後藤さんはさして重要ではない。大事なのは国民感情に直結する中尉の生存。それが不明な状況下での取引はアンフェア。人質交換は対等な条件で行うことが中東では暗黙のルールだけに、それが保証されないなら決裂も選択肢の一つだ」とも語る。

 一連の交渉術など、改めてイスラム国の脅威が浮き彫りとなった事件だが、国際社会が本腰を入れて壊滅に追い込むことはできるのか。

「現時点ではないと思う。安倍首相が邦人救出のために自衛隊の武器使用を求めていくと国会で主張したが、実現は難しいだろう。イスラム国を壊滅に追い込むなら地上戦が必須だが、米国や英国ですら自国の兵士に犠牲者が出るので消極的。空爆もイラク戦争の規模からすると100分の1以下だ。裏を返せば、そこまで本気になっていないということ」(同)

 一方で、イスラム国の勢いも最近は鈍化しているという。「(シリアで敵対する)アサド政権が流している『脱走兵が続出している』という情報はうのみにできないが、少なくとも拡大はしていない。もともと『捕らえた男は処刑、女は戦利品』という考えの狂った集団。いずれ苦しくなる」

 一部では、複数の日本人もイスラム国に参加しているという情報もあるが、黒井氏は「現時点で私は聞いていない。イランのメディアが流したネタが誇張されているのでは」と指摘する。

 過激派集団との交渉は一筋縄ではいかないのは間違いない。