ご用心!リゾート地での盗難手口

2012年09月01日 18時00分

 子供たちの夏休みは終わってしまったが、まだまだ夏を楽しもうとしているうちに、痛い目に遭うかもしれない。そんな事件が起きている。

 

 群馬県警富岡署は28日までに、ゴルフ場で金品を盗んだとして、富岡市出身の無職の男(62)を窃盗容疑で逮捕した。7月29日に同市ゴルフ場のロッカールームから男性客が所有する現金1万1500円入りの財布と指輪(時価20万円相当)を盗んだ疑い。「生活費や遊興費に使うため関東地方で30件くらいやった」と容疑を認めている。

 

 男は過去にも同様の手口で捕まっている“ゴルフ場の更衣室荒らし”だったため、捜査線上に上った。ゴルフ場には資産を持った人が集まる傾向があるため、泥棒にとってはある程度の“稼ぎ”の見込みが立つ。その手口は非常にシンプルだ。

 

「ロッカーは4桁の暗証番号を自分で設定するシステムになっていた。その様子を後ろからのぞき見していたので、施錠されたロッカーを開けられた」(同署)

 

 一方、海の家も気が抜けない。北海道警小樽署は窃盗容疑で北海道電力泊発電所に勤める男(25)を逮捕した。25日深夜、小樽市の海水浴場「おたるドリームビーチ」の海の家で、机の上に置かれた携帯電話3台(時価計7万8000円相当)を盗んだ疑い。専門学校生ら3人の女性(いずれも18歳)が所有するものだった。