誤作動事故で4人死亡の新宿マンション 元皇族、芸能人も住む人気エリアの億ションだった

2021年04月17日 06時15分

事故が起きたエリア

 消防設備の誤作動死亡事故がまた起きてしまった――。

 地下駐車場に二酸化炭素が充満し、内装工4人が死亡した東京・新宿区のマンションは、地上4階で総戸数69。敷地面積約4000平方メートルの高台にあり、築18年だが今も人気の〝億ション〟だ。

「分譲で投資用に買うというより、購入して住んでる人がほとんど。転勤の間、貸そうとかいう賃貸物件も今は出てません。売り物件も出てないですね」と地元の不動産屋は言う。

 一帯は都内屈指の高級住宅街で、かつて多くの華族や皇族が住んでいた。今もオシャレな邸宅や低層マンションが立ち並ぶ。

「結婚して民間人になった元皇族の女性の方が、近くの億ションで暮らしてます。同じマンションには、昔イケメンでならしたベテラン俳優も住んでいる。元人気アイドルの中年俳優は、この辺が地元。旦那さんの都合で別居婚している知性派セクシータレントも、たまにコンビニで見掛けるからこの辺に住んでるのでは」(地元民)

 自然豊かで、もともと徳川家の狩猟地だった公園も近い。人気バラエティー番組「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)で5年前、生き物を呼ぶ街づくりを新宿で…という企画があったが、当時タヌキの生息調査でTOKIOの城島茂と国分太一が散策した雑木林は、現場マンションの目と鼻の先だ。不動産関係者は「部屋で住人が亡くなったわけじゃありませんが、事故を起こした物件と見られてしまうかもしれません」と指摘している。

【関連記事】