女子大生「集団昏倒」の怖い噂

2014年06月25日 09時00分

新宿で女子大生が集団で昏倒した(インターネットから)

 女子大生が繁華街でバタバタ倒れた画像がインターネットで広がり、年頃の娘を持つお父さんを不安にさせている。騒動が起きたのは先週の金曜日、東京・新宿歌舞伎町の旧コマ劇場前だ。真っ先に考えられるのは、学生たちがむちゃ飲みした結果――だが、一方で何らかの「薬物」の疑いがささやかれている。この件とは別に本紙は、「サークルでは脱法ドラッグが悪事に使われている」という衝撃証言を、現役女子大生から入手した。

 問題の画像は、20日の深夜からネット上に拡散した。10人程度の若い女性らがゴロゴロと路上に倒れている“異常事態”だ。現場に駆けつけた警察官のほか、仲間と思われる若者が立ち尽くしている状況が見られる。

 この様子を複数の人が撮影したり、ツイッターで報告。女性らは服を着ているものの、人通りも多い週末のコマ劇前広場で、寝転がった無防備な姿を世界中にさらす結果に。なぜ、こんなことになったのか。

 ネット住人たちによる当事者らの身元確認作業が迅速に行われた。すると、東京の私大のテニスサークルである可能性が高まった。同サークルには女子大のメンバーも参加していて、倒れていたのは女子大の学生と思われる。

 ネット上では、飲み会で後先考えずに酒を飲んだ女子が倒れたという見方も多い。だが、その一方で「なんらかの薬物」を使用したのでは?という見方も存在する。どれだけ大量に酒を飲んだとしても「大勢の女子だけが倒れるなんて不自然」というのが、その理由。

 確かに、男子は正気で女子だけ倒れるのは、おかしい。そこには何らかの意図が読み取れる。その場合に考えられるのは、わいせつ目的で薬物を女子のグラスにひそかに盛ってみたということ…。

 大学のサークルの飲み会で、女子に薬物を盛るなどということはあるのか。「あるよ」と、いとも簡単にこの疑問に答えたのは、都内の某女子大2年で、有名私大のサークルに籍を置くA子さんだ。

「男子がやってる。新歓で入ってきた1年の女子がメーンのターゲット。酒に慣れてないから、ドラッグ入れても変だと気づかない」

 使われるのは主に脱法ドラッグだ。性感を高めたり、意識を混濁させたり、興奮させたりと様々な効果がある。だが、何が入っているかわからないため、人体にどれだけの悪い作用があるかわかったものではない。

「合ドラ(=脱法ドラッグ)は苦いから、グレープフルーツのサワーとかに混ぜて味を消してる」そうで、飲んだ女子は数分もすれば「『あへへ~』みたいな感じになる」(A子さん)という。前後不覚になって、男子からわいせつな行為をされてもよくわからず受け入れてしまう状態のことらしい。

 酒で酔っぱらう感覚と、薬物でおかしくなる感覚は異なる。いつかはバレて問題になりそうだが…こんなことを続ければ、死人が出てもおかしくない。今回の騒動は、そんな若者たちの無軌道さが招いたものかもしれない。