栃木女児殺害事件の容疑者が近所で目撃されていた奇行

2014年06月05日 08時00分

 2005年に栃木県今市市(現日光市)の小学1年吉田有希ちゃん(7=当時)が殺害された事件で、3日に殺人容疑で逮捕された勝又拓哉容疑者(32)が「(有希ちゃんに)騒がれたから殺した」と供述していることが4日、捜査関係者への取材で分かった。

 有希ちゃんは05年12月1日、下校中に友達と別れた後に行方がわからなくなり、翌日、茨城県常陸大宮市の山中で遺体で見つかった。栃木と茨城両県警の合同捜査本部が勝又容疑者を逮捕。「有希ちゃんを拉致した後、当時の自宅(栃木県鹿沼市)に連れ帰り、茨城県の遺棄現場までの途中の山で刺した」と供述している。

 有希ちゃんは十数か所を刺されて失血死していた。

 捜査関係者によると、今市市から茨城県に向かう途中の防犯カメラに白い車が写っていた。

 捜査本部は、勝又容疑者の車も同タイプと突き止めたが、既に廃棄処分になっていた。車内には有希ちゃんの毛髪などが遺留されていた可能性もあり、勝又容疑者が遺留品の発見を恐れて処分したとみて調べている。

 1月、偽ブランド品を販売目的で所持していた疑いで、母親(55)とともに商標法違反容疑で逮捕された勝又容疑者。捜査が進む中、殺人への関与を供述した。実は事件から数か月後に容疑者として浮上したが、決定的な証拠がなかった。今回は有希ちゃんの遺体とみられる画像を収めたパソコンが見つかった。

 勝又容疑者の自宅周辺では両極端の反応が見られた。「情緒不安定でうそをついたりホラを吹くと言われてたから『殺害を認める供述を始めた』って報道されても信じなかった。でも、本当だったんだ」という声もあれば、「人から聞いた話では、パンツ一丁で外に出てきたそうだ。変なことをしても不思議じゃない」と受け止める住民も。

 自宅は窓が閉められがちで、回覧板もそこで止まるような孤立状態の家庭だという。義父だった男性は「引きこもりのような生活を送っていた」と話している。