〝京都24歳殺害事件〟近隣住民が明かす山村さんの素顔 合鍵を作れる顔見知りの犯行か

2020年10月14日 11時10分

捜索に向かう京都府警の捜査員

 京都市下京区の市営住宅の一室で、住人のアルバイト山村留美乃さん(24)が刺殺体で見つかった事件の波紋が広がっている。

 7階の一室で1人暮らしをしていた山村さんは10、11日にアルバイトを欠勤。隣の部屋に住む親族らが職場から連絡を受け、11日午後2時ごろ、様子を確認しに行ったところ、寝室の布団で血を流して倒れている山村さんを発見。山村さんの遺体は首や胸など10か所以上を刺されており、胸の刺し傷は心臓まで達し、背中にも数か所、刺し傷があった。ほぼ即死だったとみられる。

 山村さんが住む市営住宅は、京都市立芸術大学が移転してくるのに伴い、もともとあった団地群を解体し、昨年、近隣に建てられたもの。近隣住民は「おばあさんと留美乃さんは一緒に住んでいた」と話した。

 山村さんはもともと、この地区に住んでいたという。「このあたりの小中学校に通っていたから、子供のころはよく知っていた。弟さんがいて、かわいらしい、ええ子やった。一回離れて、入居が始まった時に戻ってきたみたいで、ニュースになるまで住んでいるのは知らなかった」(同)

 山村さんの死亡推定時刻は9日夜とみられるが、近隣住民は「叫び声とかは全く分からなかった」という。

 捜査関係者は「犯行後、施錠されていたが、顔見知りならば合鍵を作るのは可能」とみるが、山村さんの知人女性は「私らが証言することで、ネット上で『犯人は誰それ』とか、推測で好き勝手に書かれたらどうしたらいいのか分からない。ホンマにいい子で友達思いの優しい子だったから」とやりきれない胸の内を明かした。

 京都府警は強い殺意を持った犯行とみて、交友関係のトラブルの有無などを調べる方針だ。