神戸北区・ヤマト集配所で殺傷事件 男の「犯行動機」は…

2020年10月07日 11時00分

 どんなトラブルがきっかけだったのか…。神戸市北区のヤマト運輸集配所「神戸北鈴蘭台センター」で従業員の男女2人が死傷した事件で、6日に逮捕された同社元従業員筧真一容疑者(46)は容疑を認め、「解雇されて腹が立った」と話しているという。

 事件では従業員の広野真由美さん(47)が腹部を刃物で刺され死亡、60代の男性従業員が左手甲を切られ軽傷を負った。いずれも6日未明に出勤した後に筧容疑者に襲われたとみられる。

 宅配業界関係者は「容疑者は前日(5日)に早朝のパート従業員(被害者の男性)とケンカしたそうで、『辞めたるわ』と言い残して翌日に復讐に来たようだ」と話す。

 近隣住民の間では「真面目そうな印象」「物静かでおとなしい。いい人そう」だった筧容疑者が起こした凶行。前出の関係者は「コロナで外出が減ったこともあり、荷物は増える一方で、働き方改革で労働時間を増やすわけにもいかない。ヤマトに限らず、宅配業界は慢性的に人手不足になっていて、パートの手を借りなければやっていけない状態。正直、借金だとか男女関係だとかいろんなプライベートのトラブルを抱えた人が応募してきますが、面接だけで人間性をすべて見抜くのは難しい」と業界が抱える苦悩を明かした。