声優アイドル狙う「同時多発テロ予告」に怒りの声

2013年09月26日 11時00分

 声優アイドルらを標的にした「同時多発テロ予告」がインターネット上に14日アップされ、関係者が怒り、おびえている。「反憲法学生委員会全国連合民兵隊」を名乗る人物が、去る22日~来月12日に各地で開催されるアニメイベントなどの20か所の会場をVXガス、拳銃で襲撃し、声優やスタッフ、観客、警備員、学生、教員などを殺害すると予告。人気声優を抱えるプロダクション関係者は警備を強化したが「こんな大規模な予告は初めて。悪質極まりない」と憤慨している。

 ネットにアップされた文章は大量だった。

「反憲法学生委員会全国連合民兵隊 森田必勝」を名乗る人物は「拳銃とVXガスを使って反日朝鮮人が出演する20のアニメイベント会場で同時多発テロを起こす 我ら民兵隊テロリスト103人を襲撃対象の会場に分散してやる」と具体的に書いている。

 VXガスは即効致死性の高い神経ガスで、1994年12月、オウム真理教が公安警察のスパイと決め付けた会社員の信者(28=当時)を殺害した事件で使用されたことで知られる。

 犯行予告では「愛国テロリスト大募集」として「この文章を読んだ覚悟ある愛国者 民族派の有志は武器を持って会場の襲撃に参加し反日朝鮮人と反日日本人の掃討に是非協力してほしい」とテロへの参加まで促している。

 さらには「反日朝鮮人に対するテロを起こしてワイドショーを独占してやる」と劇場型犯罪を狙っているフシもある。

 襲撃予告されたのは、今月22日から来月12日までに各地で行われるアニメ関連のイベントだ。

 22日は、「停電少女と羽蟲のオーケストラ」の関連イベント(東京都江東区)、「KOBEぽっぷカルチャーフェスティバル」(神戸市)など計6か所。23日は、「あかべぇそふとつぅLIVE2013」(埼玉県川口市)と「とっとりアニカルまつり2013」(鳥取県米子市)の声優トークショーの2イベント。

 出演者の実名とともに「拳銃で頭を撃って殺害する」などと書かれている。イベントは声優アイドルが出演する慶応大や東工大の学園祭、車体をアニメキャラクターなどで彩る「痛車」(いたしゃ)のイベントなども含まれている。

 記載された中で、連休中の22、23日に行われたイベントに出演した声優らは、震え上がったまま仕事をこなした。

 声優の関係者は「本当にいい迷惑ですよ。警備の人員を3倍に増やして、握手会では普段はやらない手荷物検査、荷物の預かりなどもしました。タレントの隣のスタッフには木刀を持たせて万が一に備えました。書かれたイベントの中には、中止になったのもあると聞いてますよ」と激怒している。

 警視庁など捜査当局はすでに捜査を開始し、各会場の警備、情報収集に当たっている。捜査関係者も「これほど大規模、詳細に犯行声明を書いて、アップするのは初めてでは」と驚いているといい、発信元の特定、各会場で不測の事態が起きないよう、関係者と協議しているという。

 いたずらの可能性は高いが、警察も会場も万が一に備えなければならない。

 28日には「『夜桜四重奏~ハナノウタ~』先行上映会」(東京・九段下)、29日には「全日本アニソングランプリ決勝大会」(同・浜松町)など3か所、その後も日時と場所が詳細に記された予告が書き込まれている。

 2008年の東京・秋葉原の無差別大量殺傷通り魔事件が犯行予告の後に実行された。これを踏まえて現在、犯行予告の書き込みに対しては、具体的な日時場所が明記されていない場合でも威力業務妨害や脅迫罪などで厳しく取り締まりを行っている。はた迷惑な犯行予告犯は確実に逮捕されるだろう。