小4女児虐待の父親に懲役16年 異例の重い判決で断罪された被告供述

2020年03月20日 16時00分

 酌量の余地はみじんもない――。千葉県野田市の自宅で2019年1月、小学4年生の栗原心愛さん(10=当時)を虐待し、死亡させたとして傷害致死罪などに問われた父・勇一郎被告(42)の裁判員裁判が19日に開かれ、千葉地裁は「尋常では考えられないほど陰湿で凄惨な虐待だ」として懲役16年(求刑懲役18年)の判決を言い渡した。

 勇一郎被告は心愛さんに十分な睡眠を取らせず、浴室に立たせ続けたり冷水シャワーをかけるなどして死亡させたとされる。死因は飢餓や強いストレスによるショックや致死性不整脈、溺死のいずれかとみられる。

 初公判では「娘にしてきたことはしつけの範囲を超え、後悔している」と涙ながらに謝罪した勇一郎被告だが、一方で「飢餓状態にしたり、ストレスを与えて衰弱させたりしたことは一度もない。立たせ続けたり、冷水シャワーをかけたりしたこともない」と、暴行を否定し続けた。父の暴力を訴えた学校アンケートも「心愛がうそをついた」と主張した。

 そんな勇一郎被告の供述を裁判長は「都合の良い部分をつまみ食いして事実と強弁しており、信用できない」と切って捨て、起訴された6つの罪を全て認定。被告が食事を与えず冷水シャワーをかけたとする心愛さんの母(33)=傷害ほう助罪で執行猶予付き有罪判決確定=の証言を採用した。

 さらに、被告の説明について「客観的な状況と整合しない。都合のいいところを述べて、事実と主張しているにすぎず、信用できない」と退け、暴行の動機について「理不尽な不満のはけ口として虐待した」と指摘した。

 最後まで「私は事実しか話していない」と反論した勇一郎被告だが、裁判長は一切認めず「前例を超えて極めて悪質性が高い」と非難。これまでの児童虐待と比べても異例の重い判決となった。

 ただ心愛さんは、親戚や学校、児童相談所などにも父の虐待を訴え続けていた。重い判決とはいえ、なぜ命を救えなかったのかというむなしさが残る結果となった。