【新型コロナウイルス集団感染】クルーズ船「全額返金」でも喜べない?

2020年02月10日 16時10分

全額返金も喜べない!?(ロイター)

 横浜港沖で停泊しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の新型コロナウイルス集団感染問題で、厚生労働省は9日、新たにウイルス検査結果が判明した57人のうち乗員5人を含む計6人の感染を確認したと発表した。20~70代でいずれも外国籍の男女。重症者はいない。これで検査を終えた延べ336人のうち感染者は計70人となった。

 また同船を運営する「プリンセス・クルーズ」は同日、乗客に対し、「異常な状況を考慮致しまして」として、クルーズ料金、プリンセスエアー往復分、クルーズ前後のホテル宿泊パッケージ、送迎料金、事前支払いされた寄港地観光ツアーなど今クルーズで要した費用全額を払い戻すとした。さらに今回の費用100%に当たるクレジットも付与し、1年以内に同社が運航するクルーズで使用できるという。

 ただ、いつ下船できるかのメドはいまだついていない。厚労省は同日、検査を終了した延べ336人以外に、数十人を追加検査すると明らかにした。これまで同船ではサーモグラフィーなどを使い約3700人いた乗客乗員の健康状態をチェック。このうち発熱などの症状がある人や、その人と長時間近くで過ごした濃厚接触者らを対象にウイルス検査を進めていた。

 さらに加藤勝信厚労相は同日、フジテレビの番組で、乗客乗員全員の検査を行う意向を示した。新型コロナウイルスを巡っては無症状感染者も見つかっていることから、全員の詳細な検査が実施されれば、感染者は膨れ上がる可能性がある。