武漢から邦人第1陣帰国も政府対応ユルい? “濃厚接触”会見に「平和ボケ」コメント

2020年01月30日 16時00分

チャーター機で帰国した邦人第1陣(ロイター)

 新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている中国・武漢から29日に、日本政府のチャーター機で邦人206人が帰国したが、政府のお粗末な対応に批判が集まっている。

 同日午前8時40分ごろ、帰国希望者を乗せた飛行機が羽田空港に降り立つと、機体はターミナルから離れた「サテライト」へ。午前10時すぎには多くの報道陣が待つ裏口から救急車やバスが何台も出発。体調不良を訴えた人は救急車で空港に近い大田区内の病院に向かい、残りの人たちは検査のため、バスで新宿区の医療施設に向かった。

 206人のうち13人が体調不良を訴えて、12人が入院。また帰宅した3人と入院した人以外は、結果判明まで政府が用意した千葉県勝浦市のホテルに滞在する。

 空港でほかの利用客と接点を持たないようにしたのはよかったが、帰国者を囲んだ記者会見には批判が集まっている。会見は記者クラブメディア向けに行われ、帰国者2人が対応。「帰国できて、ほっとしている」などと安堵していた。

 しかし、ツイッターでは「なんで帰国者に会見させたの?」「感染が広がったらどうするんだ」「平和ボケしすぎてない?」「この国ヤベー」などと否定的なコメントがいっぱい。会見が“濃厚接触”じゃないかというわけだ。

 会見実施の判断を含め他国と比べると日本政府の緩さが気にかかる。米政府は帰国者に対し、臨時居住スペースで最長2週間の経過観察を行う。オーストラリア政府はインド洋にあるクリスマス島で検疫をして、やはり2週間の隔離をする。

 羽田空港でも気になることがあった。ニュースで武漢からのチャーター機が羽田に着陸することが報じられていたにもかかわらず空港内でマスクをしていない人も多かった。日本人には危機感がないかのようだ。

 武漢には帰国希望者がまだ440人いる。第2便は29日夜現地へ向かった。第3便も予定されているが、対策は取り過ぎるに越したことはない。