ゴーン被告“厳重管理”締め出し会見 日本マスコミで入れたのは?

2020年01月09日 16時00分

会見場の前に詰めかけた報道陣(ロイター)

 保釈中にレバノンへ逃亡した前日産自動車会長のカルロス・ゴーン被告(65)が8日、ベイルートで開いた約2時間半の記者会見には、NHKの報道によると「広報担当者を通じて招待を受けた各国のメディア関係者およそ100人」が出席した。大半の日本メディアが「客観性がない」として参加を拒まれたが、主要メディアはどうだったのか。9日の各紙の東京発行朝刊を読むと…。

 読売新聞は「ゴーン氏に攻撃的な記事を書いている」(被告弁護団の一人)として出席を拒否されたと報じた。毎日新聞も「毎日新聞を含む多くの日本メディアは、招待状が届かず、参加できなかった」。東京新聞(中日新聞)は会見地ベイルート発の記事を掲載。「日本記者の取材制限」にも触れているが、自社についての記述は見られない。

 産経新聞は「会場前では、リストを持った会見の係員の女性がそれぞれのメディアに対し、入場の可否を告げていた」と状況を伝えた。会見内容も報じたが、自社が出席できたか否かは触れていない。

 朝日新聞は会見に「参加した」と報道。ゴーン被告本人が選んだ12か国の約60社が出席したという。

 共同通信も招待されなかったことを配信記事で明らかにした。ウェブサイト「NEWSポストセブン」は、「日本からは朝日新聞、ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)、週刊ポスト・NEWSポストセブン合同の取材班などといった限られたメディアが会見場内に入った」と伝えた。

 ただ、テレ東以外でも日本テレビはウェブ「日テレNEWS24」で「ゴーン被告会見【ノーカット動画】」を流し、TBSなども映像を流した。フジテレビは「とくダネ!」が「締め出し」と放送した。各報道によると、ゴーン被告が過去に関係を築いたメディアに招待状が届けられたという。「関係」が浮き彫りになる会見だったようだ。