目黒虐待・鬼父が堕ちた血の呪縛 半生が明らかになった裁判証言

2019年10月05日 16時00分

 東京都目黒区の船戸結愛ちゃん(5=当時)を虐待して死なせたとして、保護責任者遺棄致死罪や傷害罪などに問われた父親の船戸雄大被告(34)の第4回公判が4日、東京地裁(守下実裁判長)であり、被告人質問が実施された。人生につまずいた被告は、“理想の家族”を作ることで満たされようとしたが失敗。死なせた結愛ちゃんに「私が親になろうとしてごめんなさい」と謝罪した。裁判で改めてあぶり出されたのは「血のつながりのなさ」の難しさだ。

 起訴状によると、雄大被告は風呂場などで結愛ちゃんの顔面を殴ったり、十分な食事を与えずに衰弱させながら、虐待発覚を恐れて早期に適切な治療を受けさせなかった。昨年3月2日、結愛ちゃんは栄養失調からあばらの浮いた体で死亡した。元妻の優里被告(27)は先月17日、保護責任者遺棄致死罪で懲役8年の判決を受けている(不服として控訴)。

 雄大被告は起訴事実をおおむね認め、裁判では冷酷な暴行の内容も明らかにされた。一方で、なぜ虐待モンスターになったのかの背景にも焦点が当てられた。

 両親と妹の4人家族で育ち、高校卒業後に北海道札幌市の実家を離れて東京の私大に入学。一流企業に勤めるも、体調悪化や仕事のプレッシャーで離職。その後、流れついた香川県の飲食店で2015年に優里被告と出会う。

「入店数か月後に交際し、それから1~2か月以内には結愛と会っている。初めて会ったときは照れくさそうで、シャイで、慣れてくるとひょうきんな面もあった」と振り返る。

 出会って数か月後には母子らとスピード同居し、16年4月に入籍。結婚を急いだ理由を「私の偏見だが、両親が揃ってる方が子供のために良かったと思った」と話す。

 だが、序盤からうまくいかない。よく食べる結愛ちゃんを「食べ物への強い執着心がある」と表現し、不規則な起床・就寝時間や、歯磨きの習慣がないことに不満を募らせた。子育ての方針を優里被告と話し合うも、次第に威圧的になり、矛先は結愛ちゃんに向かい暴力に至った。

 虐待の背景には「自分の中で正しいと思う」理想を押し付けてしまうことと、血のつながりに対する思い入れがあったようだ。

 入籍し、結愛ちゃんと養子縁組すると、戸籍に「養父」と書かれてショックを受けたという。

「血がつながっていないので、実父という肩書が欲しかった」「血がつながっていないことに結婚前から大きな不安があった。周りからも血がつながっていなくて悪いと思われる不安」があったと話す。

 拘置所で7回面談した虐待問題専門家の西澤哲教授(山梨県立大)が出廷。「血がつながっていないことにコンプレックスがある。自分では『つながっていないので、差別していると周りから見られたくない』と思っても、(本当は)自分でも(継父継子に)蔑視の気持ちがあって、過敏性として(虐待に)表れたと推測する」と分析した。

 さらに就職や転職活動に失敗した雄大被告が「生きる意味を理想的な家族であることに置いた」と指摘。先月、さいたま市で発生した小4男児殺害事件も無職の継父が容疑者となったが、「継父継子の虐待は多い。今回も重大事件のパターンに類似している」という。

「継父の立場で見ると『全くしつけられていない。自分がしっかりしないとこの子はダメになる』と思ってしまう」(西澤教授)

 なんとかしようとした行動が子供に受け入れられずに無能感を募らせ、その感情が虐待の原動力になるそうだ。

 また、西澤教授は雄大被告への聴き取りで「実父に負の感情を持つ」ことを明らかにした。雄大被告の父親もまた証人として出廷し、実際に雄大被告との関係性は希薄だったが、今後は支えとなる意思を表明した。

 この父親は「(息子は)こういうことを起こしたが、血がつながった人間ですから。私がフォローしなければ、誰もフォローしないと思う」と口にした。血のつながりのなさに焦り、いらだち、殺してしまった事件。被告の父親の認識もまた、最後の最後に残るのは「血のつながり」だと言いたいのだろうか。

 雄大被告は証言台に立った父親に「私みたいな人間の父親で申し訳ない」と頭を下げた。