目黒・女児虐待死公判 1年半ぶりの再会もいまだ支配下に?“夫婦出廷”で分かった心理的DVの実態

2019年10月04日 16時00分

 昨年3月、東京都目黒区の自宅アパートで船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5=当時)を虐待し死なせたとして、保護責任者遺棄致死などの罪に問われている父親の雄大被告(34)の第3回公判が3日、東京地裁(守下実裁判長)で開かれた。

 この日は結愛ちゃんの母親・優里被告(27)が証人出廷。優里被告は保護責任者遺棄致死罪で、懲役8年の判決を受け控訴している。すでに離婚が成立している2人が、法廷で“再会”することとなった。

 出廷直前に雄大被告の前に壁を設置。隙間から見えないようにガムテープでふさぐ念の入れようだった。優里被告は入廷したときにはすでに涙を見せ、証人席に座るのもやっと。両手はガタガタと震えていた。

「怖い」とおびえる姿に男性検察官が「大丈夫? 頑張ろうか」となだめ、なんとか証人尋問が始まった。

 結愛ちゃんが香川県から東京に引っ越したのは昨年1月。亡くなったのは3月2日で、優里被告には、この間の記憶があまりないという。結愛ちゃんの死亡時の体重は12・2キロとやせ細っていた。食事の管理は雄大被告が主導。優里被告がチョコやチーズを与えたことがあったというが、「(雄大被告には)内緒にしていました。ごめんなさい」。叱られると思ったのか雄大被告に謝る一幕もあった。

 優里被告の公判では、雄大被告から心理的DVを受けていたことが認められたが、今でも精神的に支配下にある様子。

「なぜ雄大被告の言いなりだったのか?」と聞かれると、「…私がバカだったからです」とだけ話した。

 雄大被告は優里被告の尋問中、ハンカチで顔を押さえ、すすり泣いているようにも見えた。優里被告は「もう結愛と息子には近づかないでほしいです」と懇願。1年半ぶりの再会だったが、これが最後となりそうだ。