逮捕あおり運転エアガン男の動機 同乗女性とはSNSで知り合ったばかり

2019年09月14日 16時00分

 愛知県内の東名高速道路で乗用車が後続のワゴン車にあおられ、エアガンを発射された事件で、愛知県警は14日、器物損壊容疑でワゴン車を運転していた無職の佐藤竜彦容疑者(40)を逮捕した。同容疑者は兵庫県警尼崎東署に出頭した。 愛知県警によると、同容疑者は「前の車に追いつき、パッシングやクラクションでどいてもらおうとしたが、ブレーキを踏まれてぶつかりそうになり、腹が立って車の中にあったエアガンで撃った」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は8日午前6時55分ごろから約10分間、愛知県の東名高速上り線日進ジャンクション(同県日進市)と上郷サービスエリア(同県豊田市)の間で、名古屋市の男性会社員(23)の乗用車に対し、ワゴン車で急接近したり、クラクションを鳴らすあおり行為を繰り返したとされる。その後、弾を発射し、男性の車体後部に4か所の傷をつけた疑い。

 ワゴン車は神奈川県内で盗まれたもので、あおり行為から約1時間20分後に燃料切れのため岐阜県瑞浪市の中央自動車道上で停車。一部報道によると、警察官が路肩にいた男女を見つけて、話を聴こうとしたところ、女性が「トイレに行きたい」と話したため警察官が案内しようと目を離した隙に同容疑者も「トイレに行く」と言って女性を残して逃走した。

 東名高速の事件の際、同容疑者はプレートに数字が書かれたマグネット式のパーツを張り付けて細工した疑いもある。瑞浪市の中央道の路肩に停車しているのが見つかった際はパーツをはがしたとみられ、ナンバーが異なっていた。車内からはエアガン1丁と大量のプラスチック弾、ナンバープレートの偽造用パーツなどが見つかった。

 同乗していた女性は愛知県警に「男とは今日SNSで知り合ったばかりで、大阪市内から東京まで送ってもらう予定だった」と話しているという。

 京都市や神戸市の高速道路などでも7~8月、車や歩行者が特徴の似たワゴン車からエアガンのようなもので撃たれる事件が4件発生しており、愛知県警などが関連を調べる。