頻発する「虐待」止める有効策ないのか

2019年09月04日 16時10分

 東京・目黒で船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5=当時)が両親から虐待を受けて死亡した事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親・優里被告(27)の裁判員裁判の初公判が3日、東京地裁(守下実裁判長)で開かれた。子供への虐待で親や同居人が逮捕、起訴される事件が頻発している。虐待を止める方法はあるのか?

 起訴状によると、優里被告は、昨年1月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えず、父親の雄大被告(34)による暴行も放置。衰弱を認識しながら、虐待の発覚を恐れ医師の診察を受けさせず、同3月2日に低栄養と免疫力低下で引き起こされた肺炎による敗血症で死亡させたとされる。

 優里被告は起訴内容について「事実はおおむね認めるけど、殴られたのは知らなかった」と泣きながら話した。検察側は冒頭陳述で「水シャワーを浴びせられるなどの暴行を受け、食事は1日に汁もの1~2杯だった。夫に顔面を殴られ、嘔吐し、体重が減少しても病院に連れて行かず、死に至らせた」と指摘した。

 弁護側は「保護責任者遺棄致死罪の成立は争わない。雄大被告が結愛さんに暴行したのは見ておらず、特に2月下旬の暴行は知らなかった」とし「虐待を制止できなかった責任はあるが、執拗な心理的DVを受け、抵抗するのが困難だった」と主張した。

 検察側が雄大被告による虐待の実態を説明すると、優里被告は嗚咽し、過呼吸状態になった。

 また弁護側によれば、雄大被告との出会いは香川県の職場だったそうで「(夫は)8歳年上の何でも知っている憧れの人。結婚して下の子を妊娠すると『子育てができていない』など連日、2~3時間説教され、優里被告は説教後、(夫に)感謝を述べた。暴行を目撃し止めに入ったが怒られ、心理的支配は強固になった」と事件の背景に言及した。

 2016年12月、結愛ちゃんは児童相談所に一時保護され、翌年3月には再度児相に保護された。だが、同年7月に結愛ちゃんは自宅に戻った。
 弁護人は、この時期、優里被告が雄大被告から「太った女は醜い」とののしられ、面前で食事ができなくなり、隠れて過食をし下剤を飲み嘔吐する摂食障害の状態になっていたという。

 18年1月には児相の指導が打ち切られ、一家は香川県から東京都目黒区へ。やがて結愛ちゃんへの食事制限や、暴行が始まったという。死亡時、結愛ちゃんの体重は同年齢の平均を大きく下回る約12キロだった。

 幼い子供への虐待事件は全国でも後を絶たない。鹿児島では、大塚璃愛来(りあら)ちゃん(4)が8月27日、母親の交際相手で建設作業員の日渡駿容疑者(21)に頭部を殴られ、翌日に死亡する事件が発生した。

 鬼畜のような同居人や親の虐待を止める方法はないのか?

 警視庁元刑事で犯罪心理学者の北芝健氏は「裁判をして判決を下すという司法のやり方では、虐待の解決にはならない。医療が虐待している男に措置を下すしか方法はない」と指摘した。

 医療による措置とは何か?「虐待者にはテストステロンという攻撃性のあるホルモンが異常に多く、オキシトシンという多幸感のあるホルモンが少ないとみられる。ヨーロッパ、アメリカでは、虐待をした親や同居人の体を検査し、ホルモンのバランスを調べて、ホルモン注射などの医療的措置をする方法もとっている」と北芝氏。

 ポーランドやロシア、米国の一部の州では、小児性犯罪者に化学的去勢を義務付ける法律がある。テストステロンの生成を抑える薬を投与し、性的欲求や暴力を抑制することができるという。しかし、一部の人権団体は「人体実験だ」と批判している。

 日本では副作用や実効性の問題などで化学的去勢は許可されていない。

 結愛ちゃんへの虐待の張本人で傷害罪、大麻取締法違反の罪などで起訴された雄大被告の初公判は10月1日の予定だ。