女子更衣室盗撮で逮捕・小学校教諭が容疑一部否認で警察正念場

2019年08月14日 16時00分

 状況証拠は真っ黒だが…。和歌山県警御坊署は13日までに、御坊市藤田町の小学校教諭山本真照容疑者(27)を県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕した。12日付。

 同署によると、7月1日ごろ、同県印南町の公立小学校の体育館女子更衣室内のシューズラックに、盗撮目的で置き時計型カメラ1台を設置した疑い。「盗撮目的ではない」と容疑を一部否認しているという。

 同日、大人の腰の背丈ほどのラックに、デジタル表示の置き時計があるのを別の教員が見つけた。置いた者を探したところ、山本容疑者が自ら名乗り出た。「体育の後で生徒がゆっくり着替えて授業に遅れてくることがあった。『早く着替えろ』と言うと、生徒から『時計を置いてくれ』と言われたので1日に置いた」と説明したため、時計はそのまま置きっ放しにされた。

 その後、時計にレンズが付いていることが発覚。学校がただちに回収して調べると、撮影・録画機能があることが分かった。疑念の目にさらされた山本容疑者だが「カメラ機能は知らなかった」との主張を続けた。

 しかし、保護者の間で動揺が広がり、最終的には匿名の通報を受けた警察が捜査することに。時計にはスマホなど端末から遠隔操作できる機能まで搭載していたことが判明したが、映像は入っていなかった。今月12日になって、山本容疑者の自宅から、更衣室で女子児童が着替えるシーンが収録された外付けハードディスクやマイクロSDカードが押収された。

 状況だけ見ると、極めて疑わしい状況だが、山本容疑者は盗撮目的を否認している。押収された着替え動画の日付も判明していない段階では、まだ山本容疑者が時計型カメラで盗撮したと断定することもできない。

 今後、カメラ付き置き時計の入手経路がカギになる。撮影機能の有無を入手時に知る機会があったことの立証につながり得る。譲渡なり売買なり映像を流通させていた可能性は、保護者たちの大きな懸念材料だ。

 警察は正念場だ。公判維持できるところまで持ち込めるのか。「起訴までいく? うちとしてはそうしていただかないと」(同署)。調査を進めてきた町の教育委員会は「事実確認が出てから厳正な処分が下されると思います」とコメントしているが…。