香港でも隊占拠で空港機能マヒ 台風10号で日本人客にはWパンチ

2019年08月13日 17時00分

 香港が大変なことになっている。

 アジア有数のハブ(拠点)空港で知られる香港国際空港が12日、全便の運航を停止した。犯罪容疑者の身柄を中国本土へ送ることを可能にする「逃亡犯条例」改正案の完全撤回を求める市民の抗議デモが拡大し、ついに数千人が空港ロビーに座り込みを行い、占拠する事態となったためだ。

 13日分を含め、同空港を発着する230便以上の欠航が決まった。羽田や成田、関西空港発着便も含まれる。航空当局は13日午前からフライト調整を行うとしているが、先行きは見えない。

 先週末の香港市内のデモでは、一部が暴徒化し警官と衝突。警察は催涙弾で応戦し負傷者を出した。中国政府の香港政策を担う香港マカオ事務弁公室の報道官は「(抗議デモは)テロリズムの兆しも表れ始めた。断固たる措置を取る」と警告した。

 災難なのは同空港を利用する旅行客だ。日本はお盆休みの真っ最中。香港は欧州や豪州への経由地としても利用されるため、ここが機能不全に陥ってしまうと、旅行プランの大幅な変更を余儀なくされる。

「半年前から香港経由で欧州に行く予定を立て、すでに滞在先のホテル代金も支払ってしまった。代替の便は確保できるか分からない。全部キャンセルなら40万円の大損」とは30代会社員。

 加えて、今週半ばには関西方面を中心に超大型の台風10号が直撃する可能性大。別の30代会社員は「同僚に香港経由で16日に帰国予定の男がいる。香港デモと台風のダブルパンチだ。日頃の行いが悪いからだろう」と話す。

 航空会社勤務の人もシャレにならない。日系航空会社に勤める40代女性は「朝から管制指示で香港便に『遅れがある』とは聞いていましたが、途中で『新規の予約は取れない』に変わりました。台風による変更手続きもあるし、殺人的な忙しさです」とぐったりだ。

 せっかくの連休が“不幸自慢”になりそうだ。