戦慄動画を投稿した殺人鬼

2012年06月05日 18時00分

 カナダの与党・保守党の本部などに切断された手足などが郵送された殺人事件で、カナダ警察当局は、被害者をモントリオール在住の中国人男子学生(33)と断定した。当局はすでにカナダ人のポルノ男優ルカ・ロッコ・マグノッタ容疑者(29)を殺人容疑で国際指名手配。同容疑者は、犯行の一部始終を収めた動画をネットに投稿していたことも発覚し、世界を震撼させている。

 

 事件は5月29日朝、モントリオールのゴミ捨て場でスーツケースの中から人間の胴体部分が発見され明るみに。同日午前中にはオタワの与党本部に足の一部が送り届けられ、野党本部にも切断された手が届けられた。警察は30日、ゲイビデオの男優ルカ容疑者の犯行とみて、指名手配した。

 

 被害者の男子学生は昨年7月、中国・武漢からモントリオールの大学に留学。同容疑者と知り合い、交際していたとみられる。

 

 ルカ容疑者は、被害者を殺害、遺体を切断するなど犯行の様子を映像に収め、ネットに投稿していた。

 

 警察は、容疑者が動画を投稿した直後にモントリオール空港から国外脱出し、フランスに逃亡した可能性が高いとみている。端正な顔立ちから女装で逃走しているともみられている。「モンスター」「悪魔」と呼ばれる男による次の犯行が懸念される。