FC動画一斉摘発“脱ぎたい女”の仰天実態 エロ画像配信で全国に逮捕者

2019年06月27日 16時00分

 全国の都道府県警が「FC2動画」「FC2ライブ」配信者を一斉に摘発し、衝撃が広がった。元AV女優や主婦らが体一つで、1000万円単位で稼いでいることも明らかになった。“脱ぎたい&見せたい”逮捕者のなかで、大きな注目を集めているのが、長崎県職員で小学校の事務をしていた福田美姫容疑者(22)だ。地味で清楚な印象という福田容疑者は「エロすぎボディーの美女」として人気者だった。いったいどんなライブ映像を配信していたのか?

 今回、逮捕者が相次いだのは警視庁、北海道警察、愛知・岡山・福岡県警が動画配信サイト「FC2ライブ」を舞台とした集中取り締まりを実施した成果だった。

 警視庁保安課などが26日までに公然わいせつ容疑で逮捕したのは、昭島市の主婦・奥田萌容疑者(25)、中野区の無職・池宮舞容疑者(22)、渋谷区の会社役員久田宏明容疑者(34)、さいたま市の無職・常住愛容疑者(30)他3人。

 奥田容疑者は、昭島市のホテルで他者と性交する様子を配信。池宮容疑者は自宅で全裸自慰を配信。久田容疑者は共謀し、常住容疑者が全裸で自慰行為にふける様子を配信し、不特定多数の視聴者に閲覧させた。

 常住容疑者は2011~13年まで活動したAV女優だったことも判明。12年のAVレンタルランキングで出演作が1位を獲得し、活動期間は短期ながらも美形のG乳で人気だった。愛知県では4人、福岡県でも2人が逮捕された。

 この集中取り締まりとは別に、大物を検挙したのが京都府警向日町署だった。

 同署が24日、わいせつ電磁的記録媒体陳列の疑いで逮捕したのは、長崎市の福田容疑者だ。昨年8月15日ごろ、自宅でオナニーしている2つの動画をFC2動画に登録し、不特定多数の利用者に閲覧可能な状態にした疑い。容疑を認めているという。

 これに“ウェブ特定班”が動き、福田容疑者のSNSから職場など素性が判明。長崎でも屈指の進学校出身の才女で、ふだんは地味な服装をしてマジメに小学校の事務をしていた。そんな清楚系の女性が脱ぐとビックリ! 自称Hカップを誇る美爆乳で、超エロボディーの美女に変身する。

 同署のサイバーパトロール班が確認しているだけでも、16年8月(当時19歳)~今年2月(同21歳)に別名で19本の動画を販売していた。すでにFC2からは動画が削除されているものの、別のエロサイトに転載された動画が閲覧できる。

 マスクで姿を隠した福田容疑者は、服を着ている時間のほうが少ないほど、胸と陰部を強調。生配信動画には視聴者との生々しいやりとりまで収録されている。別名のツイッターアカウントのフォロワー数は1万3000人強の人気だった。

 同署によると、動画は1本につき900~1800ポイント(1ポイント=1円)で販売。ライブ配信は1分間のポイント数で稼ぐ方式だ。FC2ではサイト側が約3割の手数料を取って残った金額が報酬となる。これまでに数千万円を売り上げていたとみられるが、同署は「これから特定していく」としている。一方で、警視庁に逮捕された配信者は1分5~600ポイントに設定。性交動画を配信していた奥田容疑者は、約1年半で1000万円も稼いだという。

 FC2ライブ・動画は女性が1人で活動することもあるが「エージェント(事務所)」が女性を募集・管理する方式もある。愛知、福岡で逮捕された男は契約した女を出演させ、売り上げを分け合っていた。

「サイトが閉鎖されないのをいいことに違法行為は野放し状態。秩序を乱して収益を上げている広域的犯罪だ。ユーチューブなど普通の動画配信で稼げない人も次から次にアダルト配信に入ってくる。エージェントやその背後に反社会的勢力がいて、女を使った新たなシノギになっている」と配信事情通は語る。

 大注目された福田容疑者については「業界は放っておかないだろう」(AV業界関係者)との声も上がっている。