顔面入れ墨作家が語る「甲府の監禁男」暴力支配の実態

2013年05月18日 11時00分

 山梨県甲府市で、少女たちを“食い物”にするおぞましい事件が起きていた!! 同市を拠点とする実業家の男Xが14日までに、同県警甲府署に傷害事件の容疑者として逮捕された。事件が明るみに出たのは、顔面入れ墨のアウトロー作家・瓜田純士氏(33)が、Xによって監禁されていた少女のため暴行に耐えたことにあるという。本紙の取材に瓜田氏は、嫉妬と異常性欲にまみれた“甲府の監禁男”の暴力と支配の実態を語った。

 マンションでは、世にもおぞましい行為が繰り広げられていたという。30代の男Xが傷害や恐喝などの容疑で甲府署に逮捕されたのは13日のことだった。瓜田氏に対して殴る蹴るの暴行を加えたうえ、現金を奪うなどしたというのが逮捕容疑。

 被害に遭った瓜田氏は、新宿を拠点に活動する“前科15犯”のアウトロー。昨年3月末、タレントのJOY(28)の姉Sophiaさんを脅した脅迫容疑で逮捕されたことは、本紙も報じたが、今回は犯罪者から一転、被害者としてトラブルに巻き込まれた形だ。

 トラブルの内容を取材すべくコンタクトを取った瓜田氏の口からは、信じられないようなXの非道行為が語られた。