女児盗撮疑惑で自衛官逮捕 戦慄“ロリコンネットワーク”で情報交換

2019年05月08日 07時15分

 入浴施設で女児を盗撮したとして大阪府警浪速署は6日までに、陸上自衛隊信太山(しのだやま)駐屯地の自衛官(2等陸曹=36)を府迷惑防止条例違反の疑いで逮捕した。娘を持つ親にとってはショッキングな事件だが、なんとロリコンたちはネット掲示板で、女児と遭遇しやすいスポットの情報交換をしているというからタチが悪い。

 自衛官は4日午後に大阪市内の入浴施設の男湯や更衣室で、腕時計に内蔵されたカメラを使って女児を盗撮した疑いが持たれている。女児は10歳くらいで、父親と来店していたという。父親が自衛官の不審な動きに気づき、従業員に相談。従業員が捕まえて腕時計のデータを確認したところ、女児の裸が写っていたので警察に通報した。自衛官は容疑を認めている。

 入浴施設での盗撮事件は年に何度かニュースになっているが、娘を持つ親ならば巻き込まれたくないと思うのは当然だ。男湯に入れないのが一番ではあるが、母親の手が空いていないなどの事情で父親が男湯に一緒に入るしかないこともある。

 しかし、ロリコンたちは女児の裸を見るために意識して入浴施設に来ている。複数のネット掲示板で、銭湯や温泉などで「女児を目撃した」などの情報交換が行われているのが確認できた。

「ゴールデンウイークは狙い目」「ワレメが見えた」などと盛り上がっているのだ。女児と出会いやすい施設名も書かれており、彼らにとっての“聖地”に大挙して押し寄せていることがうかがえる。

 今回の現場となった入浴施設は過去にも女児盗撮の事件が起きていた。

 昨年12月に大学准教授の男が同条例違反で書類送検されている。この男は、住んでいる関東地方から盗撮のために、何年も大阪に通っていたという筋金入りだった。

 ロリコンの入浴を止められない以上、近づかないようにしたい。浴場でロリコンを判別する手段はあるのか。

 温泉好きの女性は「例えば混浴温泉では女性の裸目当てにワニ状態で待つ人たちがいます。きっと同じように待っているのでは?」と指摘。混浴の温泉で男性が水面から顔だけ出してじっと女性が来るのを待っている様子を“ワニ”という。まるで獲物を待つワニそっくりだからだ。

 もっとも、気持ちよく漬かっているだけなのか、女児を待ち構えているのかを確実に判断するのは難しい。やはり男湯に娘を連れて行かないことしかないのか。