カリスマ霊能者が霊視 世田谷一家惨殺事件の“真相”

2019年05月01日 07時15分

宮沢さん宅前で霊視した山口彩氏

 平成最大の未解決事件に迫る! 2000年(平成12年)12月30日深夜、会社員の宮沢みきおさん(44=当時)一家4人が惨殺された「世田谷一家殺人事件」は、日本中を震撼させた事件として多くの人々の記憶に深く刻まれている。その凄惨さもさることながら、数々の不可解さに包まれているのも特徴だ。発生から19年。解決の見通しが立たないまま、御世をまたいでしまうことにもどかしい思いを抱いている読者は多いことだろう。そこで本紙取材班は“カリスマ霊能者”山口彩氏(59)に依頼し、事件現場を霊視してもらった。すると山口氏からは驚くべき“真相”が語られた――。

 京王線千歳烏山駅から南に1200メートル、祖師谷公園に隣接した一軒家が宮沢さん宅だ。公園拡張に伴う立ち退きにより、事件当時、周辺には4世帯しかなかったという。山口氏と本紙取材班が現場に着くと、公園で遊ぶ子供たちの声が響き渡っていた。のどかな雰囲気だ。一つだけ違和感を覚えるのは、ブルーシートに覆われた民家があること。周囲に規制線が張られ、ポリスボックスでは2人の警察官が警戒にあたる物々しさだった。

「のべ25万人の捜査員を動員し、1万人を事情聴取したと言われます。今も現場を保存し、警察官が常駐しているのは深夜、家の中に侵入して荒らしまくる若者を出入り禁止にするだけでなく、絶対に事件を解決するという執念の表れでもあるでしょう」(関係者)

 まずは事件のあらましを振り返りたい。外資系企業に勤めるみきおさんには妻泰子さん(41=当時)、小2の長女にいなちゃん(8=当時)、保育園児の礼君(6=当時)がいた。死亡時刻は30日午後11時30分ごろ。犯人は2階で寝ていた礼君を手にかけた後、みきおさんを殺害した。

 そして3階で寝ていた泰子さんとにいなちゃんを殺害したとされる。首を絞めて殺された礼君以外は刃物でメッタ刺しにするなど、事件は凄惨さを極めた。

 その後の犯人の行動も異様だった。被害者宅の冷蔵庫からアイスクリームを食べ、浴槽には被害者の仕事関係の書類などが散乱。パソコンに接続した跡や、キャッシュカードを含むカード類を仕分けし、大便までしていたことまでわかっている。滞在時間は何と約10時間。トレーナーや帽子など犯人が身に着けていた衣類や指紋まで残していることも、この事件の不可解さを物語っている。

 山口氏は家の周囲から泰子さんの霊と交信。取材意図を伝えた。

「犯人の侵入経路は、公園側から2階に上ったお風呂場の小窓だと思う。そこから息子さんを殺し、異変に気づいたお父さんが1階から2階に上がろうとしたところで犯人とハチ合わせ。つかみ合いの末、刺されて絶命したそうです。その後、お母さんと娘さんが殺害されたんですが、一番刺されたのはお母さんですね…。『顔が、顔が』と言っていて、殺された後も執拗に顔を刺され、えぐられています」

 侵入経路は玄関説もあるが、浴室の小窓説が有力。殺された順番もおおむねこの通りとみられる。ただ、次に山口氏はこう指摘するのだ。

「お母さんに聞くと『犯人を見たことがない』って言うの。なんとなく『日本人っぽくなかった』みたい。つまり顔見知りの犯行ではない。犯人がいきなり部屋に入ってきたので何が起こっているかわからなかったらしい。ただ、12月に入って不審な電話がポツポツあったと。出ると切られる、みたいな」

 気になるのは事件の最大のポイント、犯行動機だ。主なところでは、みきおさんの仕事トラブル説、立ち退きに伴う不動産トラブル説、カルト宗教説、快楽殺人説、ストーカー説などが取りざたされている。だが、山口氏は「いずれも違う」とキッパリ否定した。

「まったく、そのような波動がない。犯人は犯行後、異様な行動を取っていますが、それは演出だった気がします。つまり、いろいろな動機を持っているように見せかけた、捜査のかく乱が狙いだったのではないでしょうか」

 だが「残念ながら本当の動機や犯人の素性までは見えない」と肩を落とした。「なぜなら被害者も犯人を知らないからです。本来なら、霊が教えてくれるのですが…」と山口氏。しかも、あまりに突発的な出来事で、今も被害者は混乱の苦しみにあえいでいる状況。「犯人の素性や犯行動機どころではないんですよ。それより子供を守らなければという思いで精一杯」と被害者の思いを代弁した。

 平成最大の未解決事件は、令和でも謎に包まれたままになるのか。コールドケースの解明が待たれる。

☆やまぐち・あや=1960年2月1日生まれ、神奈川県出身。霊能者。3歳から心霊現象を頻繁に体験し始める。成人後、美容師として働くかたわら、お客の相談を受ける。その後、霊能力を仕事にすることを決意。91年に相談所(後の心霊研究所「正霊会」)を設立。これまでに受けた相談件数は約5万件。並外れた霊能力と舌鋒鋭いアドバイスで、政財界から芸能界、スポーツ界など幅広い顧客から支持されている。

※次回は「山口彩の令和をどう生きるか」を掲載