サウジ・ムハンマド皇太子に届けられた? 殺害カショギ氏の生首

2018年10月24日 17時00分

ムハンマド皇太子の関与はあったのか?(ロイター)

 トルコのエルドアン大統領(64)が23日、サウジアラビア政府を批判してきたサウジ人記者ジャマル・カショギ氏(60)がトルコで死亡した事件で声明を発表した。サウジ側が「口論の末に殺してしまった」と主張しているのに対し、同大統領は「計画的に殺害された」と断定。一方で事件の音声テープの公開や、サウジのムハンマド皇太子(33)の関与については明言を避けた。今後、カギを握るのはカショギ氏の遺体。生きたまま切断されたとも言われる遺体の頭部は「犬の首」と呼ばれ、ムハンマド皇太子のもとに届けられたという衝撃情報が急浮上している。

 トルコにある総領事館内でカショギ氏は死亡した。サウジ側の説明を要約すれば、2日に領事館を訪れたカショギ氏と何らかの理由で口論になり「カッとなった領事館職員が首を絞めて殺してしまった」。あくまで偶発的に起きたトラブルだと強調している。

 この説明にトルコは猛反発。23日にエルドアン大統領は国会で演説し、カショギ氏が「計画的な犯行で殺された」と断言。証拠として、総領事館内の監視カメラが外されていたことや、事件前日に“暗殺部隊”とみられるサウジの関係者がトルコ入りし、遺体の遺棄を見据え、イスタンブール近郊の森を散策していたことなどを挙げた。生存していると偽装するため、サウジ側人物がカショギ氏の衣服を着て、付けヒゲ姿で外出する様子も確認された。

 一方で、この日の演説ではトルコ側が入手したとされる事件の音声データや、ムハンマド皇太子の関与については明言を避けた。中東情勢に詳しい人物の話。

「トルコもサウジも戦争する気はない。音声テープは切り札。これを材料にサウジや米国と交渉するつもりなのだろう。トルコへの数兆円規模の投資や、(サウジが主導する)カタールへの制裁の解除など、リクエストはいくらでもできる」

 今後の注目はいまだ発見されないカショギ氏の遺体だ。トラブルで亡くなったのなら、遺体はきれいなはず。しかし、バラバラだとしたら、明確な殺意を込めた拷問だろう。その“状態”いかんで、殺意の有無などが分かるからだ。

 サウジのジュベイル外相は21日、遺体の行方は知らないと発言。エルドアン大統領は演説で、カショギ氏の遺体が「どこにあるのか」と疑問を投げかけ、未発見だとした。一方で英「スカイ・ニュース」は遺体の一部が見つかり、顔が「醜い」状態だと報じた。

 トルコメディアによれば、領事館を訪れたカショギ氏は有無を言わさず拘束され薬物を注射されたのち、生きたまま両手両足を切断され、殺害されたという。亡くなる直前にはムハンマド皇太子と電話で話し、サウジへの帰国を促す提案を拒否。これが殺害のGOサインとなった可能性が高い。

「サウジに戻ってもカショギ氏は激しい拷問を受けるだけ。ムハンマド体制になって、カショギ氏のような批判的なジャーナリスト15人以上が拘束され、消息は分かっていない。“改革派”として人気のあるムハンマド皇太子だが、逆らった者には容赦しない『残虐王子』という裏の顔も持つ」(同)

 中東系メディアによれば、音声データには、ムハンマド皇太子の「右腕」と呼ばれる人物が「犬の首は持って帰れ」と指示する場面が収められているという。「犬=裏切り者」ということなのだろう。切断された頭部はアタッシェケースに入れられ、本国に持ち出したという情報もある。前出の発見報道が事実なら、持ち出しが未遂に終わった可能性もある。

「証拠隠滅の一環なのか、日本の戦国時代のように首級として持って帰られたのか。はたまた、一部で『サイコパス』とやゆされるムハンマド皇太子の趣味なのか…。今後、カショギ氏の遺体が発見された際、頭部だけがなければ、どこにいったんだ?という状況になってくる」とは別の関係者。

 カショギ氏死亡に関与した疑いでサウジ当局が拘束した同国人は全部で18人。エルドアン大統領は「トルコの法で裁く」と宣言している。真相究明なるか――。