兵庫ダム女性遺棄容疑で男2人逮捕 ストーカー被害と事件との関連は

2018年08月18日 17時00分

 兵庫県加古川市のダムで衣装ケースに入った大阪市の小西優香さん(20)の遺体が見つかった事件で、県警は18日までに、死体遺棄容疑で同市の森翔馬容疑者(20)、同市の稲岡和彦容疑者(42)を逮捕した。

 逮捕容疑は9日午前7時半ごろから11日午前8時40分ごろまでの間に、ダム湖に小西さんの遺体を捨てた疑い。2人とも容疑を否認している。

 遺体は11日午前、衣装ケースに入った状態で釣り人に発見されていた。ケースの2か所にそれぞれロープのようなものが付いており、その先に土のうが結び付けられていた。

 小西さんは三重県出身。地元の通信制高校を卒業後、昨春に大阪市に移り住み、飲食店で接客業をしていた。

 小西さんのものとみられるツイッターには事件直前の6日、「後ろぴったり着けられて エスカレーターは さすがに鳥肌やたから駆け下りたし」(原文ママ)と顔文字付きで怖い思いをしたことを明かしていた。県警は事件との関連性を調べる。

 ネット上では小西さんがキャバクラに勤め、男にストーカーされたとの指摘が飛び交っている。中には心ない中傷もあり、「生前、小西さんが投稿した写真や文章や勤めていたお仕事で勝手に判断して批判する内容のコメントを書いている人がいる」「批判するべき対象は犯人の方」と小西さんを擁護する声が挙がっている。