【新潟小2女子】冷酷猟奇殺人の可能性と犯人像

2018年05月09日 16時45分

 新潟市西区のJR越後線の線路で女児の遺体が見つかった事件で、新潟県警は8日、女児の身元を同市西区の市立小針小2年、大桃珠生(たまき)さん(7)と発表した。司法解剖の結果、死因は窒息と判明した。

 県警は、女児が絞殺された疑いがあるとみて、殺人・死体遺棄事件として新潟西署に捜査本部を設置。女児の顔にはうっ血があり、遺体から離れた線路上には、ランドセルやスニーカーなどが落ちていた。

 通う学校は7日の午後3時ごろに終了。他の児童たちと下校している様子を近隣住民に目撃されている。母親は同日午後5時ごろ、新潟西署に「娘が帰ってこない」と連絡した。自宅近くの踏切付近で友達と別れた後、何者かに連れ去られ、絞殺された可能性が高い。そして、7日午後10時半ごろ、大桃さんは新発田発内野行きの上り普通列車にひかれた。現場は単線で、約10分おきに運行している。その前に下り列車が通った際は異変はなかったため、この10分の間に遺棄されたとみられる。

 付近の住民は「現場の近隣には空き家が点在している。窓が割れている空き家もポツポツとあり、昼でもたやすく女児を連れ去り、監禁することはできそう」と語る。

 遺体が見つかった現場は、自宅から約100メートルほどの距離。わざわざ自宅から見える場所で遺体を遺棄したのなら、家族に恨みを持つ者の犯行にも思える。しかし、近隣住民たちは「親族間や近所のトラブルなどの話は聞いたことがない」と話す。

 10分間隔で踏切を通過する列車や、空き家の存在を知っている土地勘のある人間の犯行だろうか。地元関係者は「車で10分も走れば、絶対に遺体が見つからないような場所はたくさんある。列車にひかれた事故死に見せかけようとした場当たり的な犯行かもしれない。車を持っていない近所に住む稚拙な犯人ではないか」と指摘。一方、「隠せる場所がたくさんあるのに、自宅すぐ近くの、線路という目立つ場所に置く大胆さは、自分に捜査の手が及ばない自信がある冷静な猟奇殺人犯かもしれない」と別の関係者。絞殺した上、電車にひかせるという前代未聞の事件の早期解決が望まれる。