美人整体師・久嬢由起子の長生きストレッチ(24)

2018年04月06日 10時00分

久嬢由起子

【美人整体師・久嬢由起子の長生きストレッチ(24)】美人整体師・久嬢由起子によるストレッチ講座。今回は疲れを取ったり、癒やしたりするものではなく、“鍛える系”の運動です。

 この連載を始めて半年。普段あまり運動をしない人や、高齢者の方でもできるストレッチを中心に紹介してきました。皆さん、いくつも試していただいているようで、「徐々に体が動くようになってきた」「疲れが残らなくなってきた」なんて声も届いています。私もうれしいです。

 ただ、中には「もうちょっと鍛えたい」「少し物足りないかも」という声もチラホラ。そこで今回は、やや中級者向きのストレッチをご紹介しましょう。うつぶせの体勢で両手両足を伸ばしつつ、浮かせます。スーパーマンのようなイメージです。

 やってみると分かりますが、思った以上に効きます。しかも、腕、首、腰、腹、お尻、足…ほとんど全身、衰えやすい筋肉をまとめて鍛えることができちゃうんです。というか、両手両足を上げると、すべての筋肉を使わざるを得ないんですよね(笑い)。逆に言えば、それぞれの筋肉を別々に鍛えるのが面倒な人や、サボリ癖のある人にはうってつけなんです。

 鍛えられる部分の中には、普段、意外と見逃しがちなところも含まれています。例えば、首の下。ここが衰えると、すっごく老けて見えちゃいますので、このストレッチでケアしておきましょう。

 メタボ対策になるのはもちろん、腹筋と背筋の両方を鍛えられるので、そのバランスも良くなります。腹筋と背筋のバランスが悪いとスタイルも悪くなりますから、見た目がイケている男性、スーツが似合う男性を目指したい人にもピッタリですよ。

 鍛えるにしても“やるなら楽しく”というのが私のモットー。このストレッチは、スーパーマンになって空を飛んでいるような感覚になれるので、楽しくできちゃいます。最初はなかなか手足も頭も上がらず、かっこいいスーパーマンになれないかもしれませんが、ちょこっと上げるだけでも効果抜群。慣れてきたら、お尻の穴を締めながら行うと、効果も代謝もグ~ンとアップしますよ。

【やり方】
 ①うつぶせになり、まずは脱力
 ②ヒザとヒジを伸ばし、両手足を上げる。顔も上げて正面を向く
 ③8秒キープ。3回行う

【ここに効く!】
 全身の筋肉

【注意点】
「キツイ」と思う少し手前で止める。息を止めず、秒数は“やれる範囲”で。腰痛の人はやらないでください

 ◆久嬢由起子(くじょう・ゆきこ)1982年生まれ。整体師、肛筋トレーナー(日本大腸肛門病学会専門医公認)、ボディメイクトレーナー。ミス・ユニバース・ジャパンファイナリストの講師も務める。タレントとしても活動しつつ、新たなストレッチ法を次々に考案。2人で行う「ラブレッチ」のDVD、肛門の筋肉に注目した「やせたいなら肛筋を鍛えなさい」の書籍とDVDが発売中。