実践!耳がラク~になるストレッチ ただしやり過ぎはNGです

2021年09月19日 10時00分

<1>五十肩向け<2>首・肩まわりをほぐす<3>顔のむくみ、マスク痕の防止
<1>五十肩向け<2>首・肩まわりをほぐす<3>顔のむくみ、マスク痕の防止

 耳やその周辺の違和感はマスクのせいとは限らない。その痛みやこりは体の不調のサインかも――こう警鐘を鳴らすのは「肩こり・不眠・美顔に効く! 1分『耳ストレッチ』」(青春出版社)の著者で、看護師・リフレクソロジストの市野さおり氏。今回は、耳をラクにするストレッチを紹介してもらいましょう。

 ――耳と体には密接な関係があるんですよね

 市野さおり氏(以下市野)はい。だから違和感は体からのSOSかもしれませんし、逆に言えば、耳や耳周りのこりを解消すれば、体の不調改善につながる可能性もあります。
 ――ホントですか

 市野 信じてませんね(苦笑)。記者さん、最近お悩みのことはありますか?

 ――五十肩がキツいです。ほら、全然腕が上がらず…いてて…

 市野 では、耳の外ふちを軽くつまんで、もんだり上下に動かしてみてください。1分いかない程度、数十秒で構いません。で、その後に腕を上げてみてください。

 ――あれ? さっきより上がりやすいような…

 市野 急に油をさしたかのように、腕が上がりますよね? 触ったのが上肢と関係のある部分だったからです。

 ――ビックリです。耳を上手に刺激することで不調を改善できることがあるんですね

 市野 いくつかオススメのストレッチを紹介しますのでお試しください。ただし、やりすぎは絶対にNG。時間は1分以内。何より、ガシガシもまないようにしましょう。チョウチョの羽をつまむぐらいの力で、重なっているティッシュを指でずらすようなイメージ。ゆるゆる、ふわっふわっといった感じですね。場所を選ばずできますよ。

【マスク中の耳ストレッチ(首・肩まわりのこりをほぐしてリフレッシュ!)】

 ①耳の周りの毛の生えていない部分をいくつかのパートに分け、中指を使って小さな円を描くように移動させながら皮膚をもむ。

 ②耳全体を裏表から持ち、耳をやわらかくして広げるように下から上へほぐしていく。

 ③耳の穴をふさぐようにして耳を裏側から折りたたむ。周囲の音を遮断し、人さし指で耳裏をトントン数回叩く。

 ④耳たぶを軽く挟んで持ち、手を離さずに下に引っ張り、その後、力を抜く。3回繰り返す。

【マスク装着前の耳ストレッチ(二日酔いやリモートで気になる顔のむくみや二重あご改善、マスク痕の防止)】

 ①外ふちの7か所を、3回ずつ外側に向けて軽く引っ張る。耳珠、対珠を3回ずつ軽くもむ。

 ②耳たぶの後ろの溝に親指を当て、人さし指を耳と顔の境目に当てるようにして耳たぶを挟む。やや上を向いて口をポカンと開き、小さな2ミリくらいの円を描くように後ろ側に回す。

 ③耳たぶ全体を持ちながら下にスーッと引っ張り、そのまま手を離す。

【関連記事】

ピックアップ