【訪問歯科あっちこっち日記】おばあちゃんの患者さんは“若い”男の人が好き

2021年06月06日 10時00分

若い男性歯科医は人気がある!?(写真はイメージ)

 訪問歯科がうかがう施設はご老人の患者さんがほとんどなのですが、そこで感じるのは「おばあちゃんは若い男の人が好き」ということです。

 女性の歯科衛生士さんがあいさつしても「ふんっ」というような応対をする人でも、男性コーディネーターが声をかけるとニコニコッと笑顔になったり。肩もみされたりしたら「ハ~」とうれしそうにため息をつくこともあります。

 もう40代半ばの、特にイケメンというわけでもないドクターがいて、その年でも患者さんからしたら“若い男の人”なわけです。この先生は患者さんの話をすごくよく聞く人で、おばあちゃんの患者さんにとても人気。施設のある部屋で治療を終えて出てくると「あの先生が来てる」と聞きつけた患者さんが廊下で立って待っていて「センセ~イ(ハート)」とほほ笑んでいるという“出待ち”をされたこともあります。

 ある時、その先生のひげがマスクから少しはみ出ていたんです。するとおばあちゃんの患者さんが「先生! ひげがボーボー! すごい!」。そのうえ「見せて!」とねだってきました。先生もこの手の患者さんの扱いに慣れているのか、ニッと笑うと「治療が終わってからですよ」と切り返していました(笑い)。

 私たちもボディータッチされることがあります。腕などをなでられ、筋肉に触れると「あなた、スゴイわね!」と“セクハラまがい”のひと言。まあ、お元気なのでそれはいいのですが…。

【関連記事】

関連タグ: