【春の久嬢体操】24時間テレビの「サライ風トレ」で筋力回復&肩こり解消

2021年05月16日 10時00分

(1)顔の左側から円を描くように右側に持っていきます、(2)大きく振って肩回りを動かしましょう、(3)左右交代のときにはヒザを曲げて“ため”を作ります

【筋力あげちゃう 春の久嬢体操】 単調な体操では筋力は上がるでしょうが、テンションは「?」。その点、美人整体師・久嬢由起子が考案したエクササイズは、どちらも“アゲアゲ”です。

「コロナ禍による運動不足で下半身の筋力が落ちている」と警鐘を鳴らしていますが、もちろん上半身の筋肉も同様です。特に、腕や肩回りは、筋力だけではなく、凝り固まってしまったり、可動域が狭くなってしまい、肩凝りにもつながっているようです。ほぐしつつ、動かすことでケアしましょう。

 片手で大きくバイバイするイメージで、まずは直立した体勢から、右脚を真横に大きく出しながら、右腕を横に振り下ろします。右手のスタート位置は顔の左側で、そこから頭の上をぐるっと通って半円(円の上半分)を描くような感じですね。お次は逆。左足を出しながら左腕を回します。

 交互にリズムよく、お遊戯というかダンスというか、24時間テレビで「サライ」の合唱をしながら手を振っている人というか…いずれにせよ、腕や肩回りをしっかり動かすことができますし、肩凝り解消にもなりますよ。左右交代のときに軽くヒザを曲げて“ため”を作るような感じにすると、下半身にもさらに負荷がかかり、いいトレーニングになるはずです。

 やってみると分かりますが、なんだか楽しくなってくる動きなので、気分も上がります。音楽をかけながらやっても面白いかもしれませんね。

 ◆久嬢由起子(くじょう・ゆきこ)1982年生まれ。整体師、肛筋トレーナー(日本大腸肛門病学会専門医公認)、ボディメイクトレーナー。ミス・ユニバース・ジャパンファイナリストの講師も務める。最新著書は「見るだけでやせる コア締めダイエット」。ネット番組「大川興業のインデペンデンス・デイ」に出演中。

【関連記事】

関連タグ: