【シモの話】前立腺 大きくなると尿の通り道が狭くなる

2021年04月18日 10時00分

正常な排尿時間は20秒(写真はイメージ)

 頻尿について、日中に8回以上トイレに行く方は頻尿の可能性があるとお伝えしました。排尿している時間は20秒ぐらいが正常で、10秒以下や1分以上かかるのは異常な可能性があります。この原因の一つとなっているのが男性にしかない前立腺と呼ばれる臓器です。

 この前立腺についてもう少し詳しくお話ししたいと思います。ニュースなどで前立腺がんや前立腺肥大という単語は聞いたことがある方も多いかもしれません。では前立腺はどこに存在するかご存じでしょうか? 前立腺の場所を文字で説明するのは結構難しいのですが、肛門と玉袋の間の部分(会陰部と呼ばれる場所)に存在します。その場所を指で押してみるとトイレに行きたくなるような違和感を感じるハズ。そこが前立腺です。

 なお余談ですが、前立腺に最も近づくことができるのは、お尻の穴から人さし指1本分ぐらい奥になります。男性用エステなどで前立腺マッサージを受けたことがある方は、お尻に指を入れられてマッサージをされた経験がある方もいるのではないでしょうか。私たち泌尿器科医も、前立腺の触診が必要な際には、肛門から指を入れて診察をします。

 この前立腺ですが、普段は精液を作ったり射精する際に精液を放出したりしています。ところが、なぜかこれが年齢とともに少しずつ大きくなってしまいます。これが前立腺肥大症という状態です。なぜ前立腺が大きくなってしまうのかに関しては実は詳しく解明されておりません。これに限らず、泌尿器の分野はいまだにわかっていないことだらけです。

 さて、前立腺は尿道の途中にありますので、これが大きくなってしまうと尿の通り道が狭くなってしまいます。そのため尿の出がチョロチョロになったり、尿の回数が増えたりします。次回は日頃から取り組める前立腺肥大の予防策についてお伝えします。

 ☆たかはし・りょう 神奈川県出身。2003年日本医科大学卒業。日本泌尿器科学会指導医・専門医。日本医科大学付属病院嘱託医。ED、早漏、AGAなどをはじめ、前立腺がんなど泌尿器科にまつわる疾患全般を扱う動坂下泌尿器科クリニック(東京・文京区)院長。

【関連記事】

関連タグ: