【春の久嬢体操】指をしっかり動かして! カニさんチョッキン

2021年04月11日 10時00分

(左から)ピースサインをつくりながら両腕を上げて…指を閉じながらヒザを曲げましょう

 残念ながら、自粛が続いたこの一年で皆さんの筋力はかなり落ちていると推測されます。急に動きだすとケガをする恐れがありますから、ちょっと心配なんですよね。

 そこでこの新企画! 衰えた筋力を取り戻すためのエクササイズを紹介していこうと思います。「コロナで家にいたから…」という理由だけではなく、加齢で落ちてしまった筋肉の力を復活させるのにもピッタリなので、年齢問わずチャレンジしていただけるとうれしいです。名付けて「春の久嬢体操」。気軽にお付き合いください。

 まずは、カニになっちゃいましょう。肩幅より広めに足を広げ、両腕を大きく広げながら上げます。で、伸ばした腕を、ヒジを90度に曲げながら肩の位置まで下ろします。その際、両脚も軽く曲げるんです。スクワットのような感じですね。股関節も伸びますし、肩回りの筋肉もほぐれて、いい全身運動になります。カニをイメージすると、猫背にならず、胸が開くはずです。

 ついでに手もカニになっちゃいましょう。ピースサインをつくり、腕を下ろすときにそのピースを閉じます(人さし指と中指をくっつける)。実は、外出自粛により、手の指も“運動不足”になっている人が多いんです。しっかり動かして元気にしてあげましょう。ちなみに、指先を動かすのは脳への刺激にもなりますからボケ防止にもつながります。脳を働かせないと、ピースを閉じるのを忘れちゃったりするんですよね。

 スクワット運動を4回ほどやったらひと息ついて、それを数セット。家の中で誰でも簡単にできるので、ぜひ!

 ◆久嬢由起子(くじょう・ゆきこ)1982年生まれ。整体師、肛筋トレーナー(日本大腸肛門病学会専門医公認)、ボディメイクトレーナー。ミス・ユニバース・ジャパンファイナリストの講師も務める。最新著書は「見るだけでやせる コア締めダイエット」。ネット番組「大川興業のインデペンデンス・デイ」に出演中。

【関連記事】

関連タグ: