日本でも大麻が合法化される?

2014年08月08日 08時00分

【イケメンドクター・吉田眞の医学情報のウソ!ホント?】

 日本ではマリフアナ(大麻)の所持・栽培は違法ですが、ヨーロッパや米国の一部で認可されています。“合法論者”は「精神をリラックスさせ、安楽と平和を導く無害な薬」と主張しています。実際にマリフアナには鎮痛効果や食欲増進作用があり、一部には「危険ドラッグのような幻覚症状を引き起こさないため有用」という意見もあります。

 しかし、マリフアナが「本当に安全な薬なのか?」といえば、そうでもありません。大麻乱用者は全体的にルーズで自分勝手。“自分を中心に世界は回っている”かのように勝手なことを言う傾向があり、覚醒剤乱用者よりタチの悪い言動も多いのです。

 大麻の後遺症で、こうした特異な人格がつくられる可能性は否定できません。また、大麻使用で気が大きくなれば、他の違法薬物の使用への抵抗も消え、法律や社会規範を無視する行動も増えるでしょう。

 大麻を合法化すれば、確実に国民の勤勉さは低下します。それに対して“どうとも思わない人”も確実に増えるのです。

☆よしだ・しん=内科・外科をともに扱う総合診療科医を経て、現在は精神科医。その後は非常勤医師として、刑務所、少年院、ホームレス支援施設、高齢者の在宅診察などに従事し、精神医療のディープな部分につかる。