【初耳講座】コロナ禍の「マスク老け顔」を解消するストレス筋ほぐし

2021年02月21日 10時00分

美人エステティシャン・舟津真里氏

【知って納得! 初耳講座】新しい生活様式では、顔の一部となったマスク。外した自分を久しぶりに鏡で目にしたら、老けて見えてがっかり…なんてことはないだろうか? コロナとの闘いが長期化する中“マスク老け顔”に注意!と警鐘を鳴らすのは、日本一に輝いた美人エステティシャン・舟津真里氏だ。マスク着用による会話減や無表情で顔の筋肉が衰えるのもそうだが、ストレスによる食いしばりが習慣化すると筋肉が硬直してシワやたるみを引き起こす。それを解消する“ストレス筋ほぐしマッサージ”を伝授しよう。

 耳慣れない“ストレス筋”とは咀嚼筋のことで、咬筋(こうきん=頬骨の下あたり)、側頭筋(こめかみから耳の上)などを指す。食べ物をかむ時に使うが、ストレスなどによる食いしばりで凝り固まってしまう筋肉の総称として、わかりやすいように舟津氏が名付けた。

 エステティシャンとして30年以上、約3万人に施術をしてきた同氏は「食いしばりは現代人の約9割が習慣化していて、老け顔の原因になります。特にコロナ禍では長時間のマスク着用で顔の筋肉が硬直し、口角が下がるケースが多く見受けられます」という。

 食いしばりが癖になると咀嚼筋に大きな負荷をかけることになって、筋肉が必要以上に発達して硬くなる。筋トレにより筋肉が盛り上がるのと同じ理論で、咬筋が発達してコブ化すればエラが張り、咀嚼筋がこわばると周辺の筋肉が引っ張られシワやたるみの原因ともなるワケだ。

 さらに、筋肉の緊張が血流やリンパの流れを悪くして、老廃物が排出されずに蓄積された結果、フェースラインの崩れ、首・肩こり、頭痛・めまい、冷えなども引き起こすとか。

 ここまで読んで、自分は食いしばってないから大丈夫と思った人もいるかもしれないが、「のぶ‥デンタルクリニック」(東京・世田谷区)の小原澤友伸理事長によれば「食いしばりは無意識下で起こるもので、気付いていない人がほとんどです」という。

 そこで質問だが、今、アナタの上の歯と下の歯は接しているだろうか? もしそうなら、すでに食いしばりが習慣化している可能性がある。本来は口を閉じていても上下の歯はくっつくことなく、舌は上あごについているのがあるべき状態なのだ。

 以下の「食いしばり度チェック10項目」で当てはまるものが多いほど、ストレス筋が凝り固まっているので、対策が必要。
 (1)エラが張ってきた
 (2)顔全体が老けてきた
 (3)シワやシミ、くすみが気になる
 (4)顔の左右差がある(目の大きさが違うなど)
 (5)口が大きく開けない(縦に3本指が入らない)
 (6)口を開ける時に痛い
 (7)頬の内側や舌をかむ
 (8)集中時に歯をかみしめている
 (9)イライラすることが多い
 (10)手のしびれを感じることがある

【老廃物の通り道をつくる】

【老廃物の通り道を作る】左右10セット
 (1)親指の背であごから耳の下までなぞる
 親指の背をあごの下に当て、フェースラインの骨の内側をなぞるようにして、耳の下まで持っていく
 (2)首の筋肉に沿って鎖骨下リンパへ流す
 耳の下で親指を寝かせて首の筋肉に沿って鎖骨の方に流し、鎖骨で中指に変えて外から内へと鎖骨下リンパを流す

 

 

 

 

【食いしばりのコリをほぐす】左右5セット

【食いしばりのコリをほぐす】左右5セット
 (1)中指と薬指で咬筋をほぐす
 頬骨の下あたり(咬筋)に両手の中指と薬指を当て、口をポカンと開けてリラックス。1点にグッと圧をかけて、下から上に皮膚を下げずに、円を描くようにして深層をほぐす
 (2)5回ほぐして1回流す
 5回まわしてほぐしたら、両手の指で老廃物をキャッチして、鎖骨下リンパまで流す

 

 

 

 

 

 2014年、「第4回エステティックグランプリ」でフェイシャル技術部門と顧客満足部門の2冠に輝いた日本一のエステティシャン・舟津真里氏は、予約が取れないと評判のエステサロン「美vace(ヴィヴァーチェ)」(東京・渋谷区)を運営。
 著書「顔のストレス筋ほぐし」(主婦の友インフォス)には、紹介したもの以外に多数のセルフマッサージが掲載されており、巣ごもりで時間がたっぷりある今こそ、毎日の習慣にするチャンス!
 そうはいっても自分でやるのは面倒という人には、舟津氏のメソッドを再現した美顔器「ヴィ・リラージュ」がオススメ。美容機器メーカーと共同開発していて、ラジオ波で温めながらプロの指先を再現した突起部がストレス筋をほぐす。
 書籍や美顔器は同社の公式サイトから購入でき、コロナ禍でエステやマッサージに行けない奥さんにプレゼントすれば喜ばれるし、こっそり自分も使えるから一石二鳥!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連記事】

関連タグ: