【なんてったってリハビリ!】障害が残っても「代償手段」で補える

2020年11月15日 10時00分

作業療法室にあるキッチンで訓練。料理リハビリは人気プログラムです

【なんてったってリハビリ! もしもに備える!基礎知識と最新事情】一時的な心肺停止で脳が虚血状態になり「高次脳機能障害」と診断を受けた医療ライター・熊本美加氏。自らを社会復帰させてくれたリハビリについて改めて取材、リポートします。

 私のリハビリテーション科の主治医だった本田有正先生が、患者さんから一番聞かれる質問は「どこまでよくなるの?」だそう。私も入院中に何度も何度も聞きました。

「とても難しい質問です。予測はしますが、どこまで障害がよくなるかは、患者さんのモチベーションや家庭や仕事などの環境によっても変わってきます。しかも、患者さんは悪いことにばかり目がいきがちですが、残された機能に目を向けてポジティブになってもらうようにお話をします」(本田先生)

 しかし、前向きにリハビリに取り組むのは至難の業。実際、私は今までできていたことができない恐怖、怒り、もどかしさ、不安といったネガティブな感情が一気に押し寄せ、メンタルはズタズタに…。その感情を受け止め、ポジティブに切り替えてリハビリに取り組めたのは、包括的に機能回復と障害克服をサポートしてくれたリハビリのチーム医療のスゴサだと、今振り返って、強く感じます。

 顕著に記憶障害の症状が出た私は、倒れる2週間前の記憶から覚醒後しばらくの記憶が曖昧模糊。集中治療室でうっすらとした意識の中、なぜか篠田麻里子が看護師だったという謎の記憶(妄想?)が(笑い)。脳梗塞、脳出血の場合は、CTやMRI画像で障害が残る可能性はある程度分かるそうですが、私のような低酸素脳症は画像上の所見では分かりにくいため、神経心理検査で判断されます。

 しかも、「疲れやすい」「コミュニケーションがうまくいかない」「感情のコントロールができない」「段取り通り物事を進められない」など、高次脳機能障害の現れ方はさまざま。本人も気づきにくく、周りの人からも理解されにくい障害です。低酸素脳症で重度の障害が残り、別人のようになる人もいます。ちなみに、脳卒中、頭部外傷以上に、首つり自殺を企てて失敗した場合では、重度高次脳機能障害が残るケースが多いそう。周りの人を巻き込みかねないので、私は自死には絶対反対です。

 脳にはある程度「可塑性(かそせい)」、ざっくりいうと、損傷を受けても回復する力があるので、リハビリでの計算やアナグラムなどの認知機能の訓練で、ある程度は改善が期待できますし、たとえ障害が残った場合でも「代償手段」で補えます! 記憶力や注意力が落ちてしまった私のような場合にはメモを取ったり、指さし確認を習慣化したり、スマホのアラーム機能を使ったり…。右手がまひしたら、左手で料理をする訓練など、いろいろな工夫で補っていけば、自分らしく生きていくことができるのです。

☆くまもと・みか 医療ライター。昨年、電車内にて心肺停止で倒れ救急搬送。幸運にも蘇生したが、低酸素脳症による高次脳機能障害でリハビリを経験。社会復帰後、あまり知られていない中途障害者のことやリハビリの重要性を発信中。

【関連記事】

関連タグ: