【病気を吹き飛ばす食図鑑】ナシ 夏バテする時期の食欲増進や疲労回復に

2020年11月01日 10時00分

同量のナシとレンコンをジューサーにかけて作ったジュースは二日酔いに効果的

【石原結實 病気を吹き飛ばす食図鑑】日本、中国、欧州原産のバラ科の植物。

 欧州の医学を1000年以上リードしてきたイタリアのサレルノの医学校の教科書に「ナシを食べれば小便、リンゴを食べれば大便」という記述がある。中国の古書にも「ナシは大小便を利し、熱を去り、渇を止め、痰を開き、酒毒を解す」とあり「百果の宗」と呼ばれていた。

 利尿作用が強力なのは、含有成分の「シトルリン」や「カリウム」による。よって、塩分を排泄して高血圧の予防・改善に役立ち、膀胱炎や腎炎にも奏効する。

「本草綱目」に「梨は利で、その性は冷利なり」とある通り、体を冷やす作用が強力なので、発熱性の病気に対して解熱を促してくれる。

 果糖、リンゴ酸・クエン酸などの含有成分は、夏バテする時期の食欲増進や疲労回復を促してくれる。

 又、肉料理の消化を促進してくれる消化酵素も含まれるので、肉食後のデザートとしてもお奨め。

 食感がザラザラしているのは「石細胞」と呼ばれる繊維の塊のためであり、便秘に効果がある。

 ナシを含んだ漢方薬の「雪梨膏」は咽喉頭炎や気管支炎、嗄声(させい=しわがれ声)の特効薬。のど痛や風邪の時には大いにナシを食べるべし。

 我国の歌舞伎界のことを「梨園」と呼ぶのは「唐の玄宗皇帝がナシのたくさんある庭で役者に芝居を教えた」という故事から来ている。

 中国の二日酔いの民間療法“薬”として用いられる「蓮梨汁」(リェンリージュ)は同量のレンコンとナシをジューサーにかけて作ったジュース。二日酔いの時、試してみられるとよい。

 ◆石原結實(いしはら・ゆうみ)1948年、長崎市生まれ。医学博士。イシハラクリニック院長として漢方薬と自然療法によるユニークな治療法を実践するかたわら、静岡・伊豆でニンジンジュース断食施設の運営を行う。著書は300冊超でベストセラー多数。最新作は「『空腹』の時間が病気を治す」(青萠堂)。

【関連記事】

関連タグ: