【美人整体師・久嬢由起子】アゴクイで頭痛が解消しちゃうんです!

2020年10月25日 10時00分

自分のアゴを斜め後ろにクイッ!胸鎖乳突筋はこのあたり(切り込み写真)

【美人整体師・久嬢由起子の足ツボでチェック!不調改善ストレッチ】親指の付け根あたりに違和感を感じる人は頭痛にお悩みでは? 今月からは、足の裏のツボとも関連付けて不調改善につながるストレッチを紹介しています。今回は、こんなお話から――。

「アゴクイ」ってご存じですか? 男性が向かい合った女性のアゴをクイッと引き上げる動作のことで、少女漫画などによく出てきます。女性が胸キュン(死語)するシーンなんですが、残念ながら私はトキメキません。首のストレッチに見えちゃうんですよね(苦笑)。しかも先日、やられている女性が少し嫌がって首を斜め後ろに倒している場面があって、「あっ、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)を伸ばしてる!」って思っちゃいました。そして、今回紹介するストレッチが誕生しました(笑い)。

 胸鎖乳突筋というのは鎖骨のあたりから耳の後ろにかけて斜めに通る帯状の筋肉。首を横に倒したりすると浮き上がる部分なんですが、ここが硬くなると頭痛を引き起こします。逆に言えば、頭痛に悩んでいる人は、ここをストレッチするといいわけです。

 で、利用するのがアゴクイ。自分で自分のアゴを持ち、クイッと上げたら、それを嫌がるように斜め後ろに頭を倒します。ゆっくり8秒やってみるとあら不思議。胸鎖乳突筋がしっかり伸ばされるんです。逆も8秒やってみてください。

 残念ながら自分で自分のアゴをクイッとするのでトキメキはないですが、効果はバッチリなはず。アゴクイをイメージできないなら、不良少年が「あんだよ~」って相手をちょっと見下しているような姿を思い浮かべるといいかもしれません。ただ、いきなり激しく後ろに倒すと首のあたりを痛める可能性があるので要注意。ゆっくりやってくださいね。

 そうそう、今月からは足ツボと関連付けてお話ししています。頭痛と結びついているのは親指の付け根あたり。そのあたりを押して痛みや凝りを感じるときは、自分が思っているより脳が疲れているかもしれません。ケアしてあげましょう。

 ◆久嬢由起子(くじょう・ゆきこ)1982年生まれ。整体師、肛筋トレーナー(日本大腸肛門病学会専門医公認)、ボディメイクトレーナー。ミス・ユニバース・ジャパンファイナリストの講師も務める。最新著書は「見るだけでやせる コア締めダイエット」。ネット番組「大川興業のインデペンデンス・デイ」に出演中。

【関連記事】

関連タグ: